無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[驚くほど脚が軽くなる]股関節をゆるめる5つの基本ストレッチ

美容

立ったままや座ったままなど長時間同じ姿勢でいることで、脚の疲れやだるさ、むくみを感じていませんか?夕方になると靴下の跡が足首にできてしまう方もいらっしゃるかもしれません。今日は脚のむくみをリセットする股関節の5つストレッチをご紹介します。1日の終わりに行うことで、脚が軽くスッキリしますよ!

「長時間同じ姿勢でいること」が脚のむくみを引き起こします!

長時間の立ちっぱなし、座りっぱなしの姿勢が続くことがなぜ脚のむくみを引き起こすのか?それは長時間同じ姿勢でいると、股関節が動かずに血流やリンパの流れが悪くなってしまうからです。

(股関節が動くことで腸腰筋と大腿直筋が活動します/イラストAC)

歩いたり、階段を上り下りしたりと股関節が動く事で腸腰筋(脚とお腹を繋ぐ筋肉)と大腿直筋(私たちの体で一番大きい太もも)が動き、下半身の筋肉に活動が生まれます。この筋肉の活動が血流やリンパの流れを良くしています。

しかし、股関節を動かさずにいると、下半身の大きな筋肉は全くと言っていいほど動きません。そして血流は重力に従って足首の方へと下がる一方です。リンパに至っては筋肉が動かなければ自力で動く事はありません。

股関節を動かす事がいかに血流やリンパの流れに影響しているかがわかります。

そこで、今日は股関節を動かしゆるめ、付け根の詰まりや脚のむくみを解消するエクササイズをご紹介します。1日の終わりに行うことで、脚のむくみや疲れをリセットできます。

股関節をゆるめる5つのエクササイズ

5つのエクササイズは脚の付け根をあらゆる方向に動かします。むくみが取れるだけでなく、股関節の詰まり感も解消できます。

やり方

(1)膝を倒す

膝が床に着くように、膝を内側・外側に倒しましょう。

股関節の根元から動かすイメージで行ってください。

(1)膝を倒す
膝が床に着くように、膝を内側・外側に倒しましょう。
股関節の根元から動かすイメージで行ってください。

(2)付け根ゆらゆら

片足を後ろに伸ばし、付け根をストレッチしながら左右に揺れます。

揺れることで余計な力が抜けて、付け根を伸ばした時の痛みを軽減します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ