無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マンネリ解消!いつもの美術館デートが何倍も楽しくなるおでかけプランとは?

おでかけ

緑あふれる空間で絶品ランチを堪能♪癒しと寛ぎのレストラン/レストラン デュ パルク

訪れたのは、東京メトロ南北線の白金台駅・目黒駅より徒歩6分の場所にある「東京都庭園美術館」。広大な敷地の中に美術館、庭園、レストラン、ショップなどがあり、様々な楽しみ方ができるとデートでも人気のスポットです。

中でもレストランとミュージアムショップは、入場料なしで入店できるので、デートコースの一つとして気軽に訪れることができるんですよ。

今回は、モデルの伊藤沙織さんがナビゲートします♪

正門を入ってすぐの場所にあるのが、レストランとミュージアムショップ。

今回のお目当て、「レストラン デュ パルク」は、周りを木々に囲まれたフランス料理店。南青山の老舗「ロアラブッシュ」の姉妹店とあって、本格的なフレンチを楽しむことができるお店です。

外観は一面ガラス張りでとてもスタイリッシュ。建物自体がまるでアートのようです。

店内も洗練されたインテリアで統一。窓の外には草木が生い茂り、四季折々の美しさが広がります。

春は桜、夏は眩しいほどの緑一色、秋は紅葉、冬は枯れ木のノスタルジックな風景と、常に異なる景色を楽しむことができますよ♪

同店のランチメニューは、「ショートコース」(1,620円)と「ランチコース」(2,700円)の2種類。今回はスープ、メイン、パン、ドリンクがセットになったショートコースを注文。ランチコースは、さらに前菜とデザートがつきます。

また、メイン料理を変更したり、デザートを追加したりとカスタムも自在(追加料金が必要)。彼と違うメインを頼んで食べ比べてみたり、デザートを一つ追加してシェアしたり…、いろいろな楽しみ方ができるのも、うれしいですね。

料理にはその時季の旬な食材を使用。窓の外の風景とともに、五感で季節を感じることができます。

取材時(9月後半)のスープは、秋の味覚の代表であるキノコをふんだんに使った「キノコのポタージュスープとパイ生地のラスク」。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ