無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ユニクロのヒートテック、今年は購入前に注意 見落とし厳禁のポイントが…

ライフスタイル

驚異的な進化を遂げたユニクロのヒートテック。しかし購入時は、チェックすべきポイントも…。

ユニクロのヒートテックが今シーズンより大幅なアップデートを遂げ、ユニクロファンの間では感動の声が続出。しかし一方で、購入前に注意すべきポイントも存在するため、改めて確認しておきたい。

■今年はもうヒートテック着た?

ヒートテックといえば、体から出る水蒸気を熱に換えるテクノロジーにより「薄くて暖かい」を実現させた、なくてはならない冬の定番アイテム。

冬の到来を実感させる存在であり、毎年季節の変わり目に「そろそろヒートテック着ないと寒いか?」「もうヒートテック着て外に出たら暑いか?」といった読み合いが発生している人も多いことだろう。

多くの人々に支持されているヒートテックだが、ユーザー間には「ある不満」が生じていたのも事実である。

■「素材」の進化が嬉しすぎる

ヒートテックの不満点として、よく話題に上がっているのが素材。

同シリーズではポリエステルやレーヨンといった化学繊維のみを使用しており、ユーザーからは「長時間着用していると体が痒くなってくる」「冬場は着脱時の静電気がスゴい」といった意見が少なからず上がっていたのだ。

デリケートな肌をした人々の中には「かぶれ」が生じてしまうケースもあり、そうした理由から「別ブランドの冬用インナーに転向した」というケースも。

しかし今シーズンより、ユニクロはなんと肌面の「コットン100%」を実現させた「ヒートテックコットン」の展開に成功。これにより、従来のヒートテックの素材に付き纏っていた悩み事が著しく軽減されることになったのだ。

そこで記者は今回、ユニクロのPR担当部門に生まれ変わったヒートテックアイテムの詳細について詳しい話を聞いてみることに。すると、購入前に「注意しておくべき箇所」が複数点明らかになったのだ。

汗をかいたらすぐ拭くのも重要【Amazon】

■「素材表記」に混乱?

新しいヒートテックの展開に際し、担当者からは「『コットンでヒートテックの暖かさがほしい』というお客様の声から、肌にあたる面をコットンにする特殊な編み方による『ヒートテックコットン』という新商品を展開しています」という回答がみられた。

事実、コットン素材のヒートテックはユニクロユーザーにとってまさに「待望」の存在だったようで、ツイッター上には「ユニクロのコットン100%ヒートテック最高だった」といった具合に、肌のトラブルから解放された人々の喜びの声が多数確認できた。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ