無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ワークスペースがもっと快適!使いやすいデスクの選び方とレイアウト実例集

インテリア

リモートワークが定着しつつあるなか、自宅のワークスペースで使う「デスク選び」に迷う方は多いのではないでしょうか。今回は、PCのタイプによって使いやすいデスクのサイズやデザインなどを実例とともにご紹介します。使いやすいデスクがあれば、リモートワークがもっと快適になるはずです。

使いやすいデスクがあれば仕事がはかどる

www.goodrooms.jp

ダイニングテーブルなど仕事専用ではない場所を使っていた方も、リモートワークを機に「ワークデスクが欲しい」と思う方は増えているよう。快適に使えるデスクがあれば、仕事の効率アップにもつながります。たとえば、デスクを用意するとこんなメリットが。

・作業途中の資料を置いたままにできる
・オンとオフを切り替えやすくなる
・長時間の作業でも疲れにくくなる

自分の体型や好みに合ったデスクとチェアがあれば、作業がスムーズになるだけでなく肩こりや腰痛など長時間のリモートワークによる疲れが軽減できることも。使いやすいサイズは作業内容により人それぞれですが見当がつかないという方は、これからご紹介する目安を参考にしてみてはいかがでしょうか。

<PCタイプ別>サイズの目安と実例集

1:デスクトップPC使用の場合 サイズの目安

www.goodrooms.jp

大きめのモニターを置くことが多いデスクトップPCは、余裕のあるデスクを選ぶと仕事がしやすくなります。キーボードを置いたり横に資料を広げたりすることを考えると、幅120cm以上あるのが理想的。奥行きはモニターと目の距離をとれるよう50cm~70cm以上を選ぶのがおすすめです。

2:デスクトップPC使用の実例

www.goodrooms.jp

こちらの部屋では、資料や本などを積み上げておくスペースをとっても余裕のある、大きめサイズのデスクが使われています。モニターをコーナー部分に設置して、中央の作業スペースを広くとれるよう工夫がされていますね。

www.goodrooms.jp

デスクは長方形という固定概念を覆す、楕円形の天板が新鮮なワークデスク。緩やかな曲線んを描く天板なら部屋の中央においても収まりがよく、間仕切りとしても役立っています。

www.goodrooms.jp

こちらはデスクではありませんが、リフォームした押し入れを活用したワークスペース。横押し入れだけに横幅、奥行きともにゆとりがあり、個室のようなプライベート感があります。

3:ノートPC使用の場合 サイズの目安

www.goodrooms.jp

ノートパソコンだけを設置して作業をするなら、100cm以下の幅のデスクでもOKです。奥行きは40cm~60cmの比較的スリムなタイプでも十分に作業できるでしょう。
ただ、ノートパソコンにモニターやキーボードを外付けで接続する場合は、横幅・奥行きともにデスクトップPC同様に大きめのデスクを選ぶのがおすすめ。ノートパソコンを天板の上に直接置くと低すぎると感じる場合は、ノートパソコン専用のスタンドなどをプラスして調整すれば使いやすくなりますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ