無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そろそろ年賀状を出すのを止めたい……。どう終わらせるのがベスト?

ライフスタイル

年賀状止めます宣言はLINEが便利

『LINEで止めるって伝えた。LINEもしない間柄の人から年賀状が届いてもスルーした』
『LINEの名前のところに、「来年より年賀状は辞退させていただきます」と1年間表示させたら年賀状がほとんど来なかった』
『昨年この時期くらいから、LINEや会ったときのついでに、友人たちに年賀状を止めるって伝えていた。それでも年賀状を送ってきた人・友人には一応返事を書き、年賀状だけの付き合いの人には返事をせずスルーしたよ。今年も再度宣言して来年には完全に止めたいところ』

直接会ったときのついでに”年賀状止める宣言”をするママもいますが、多くはLINEやSNSを使用して年賀状を止めると伝えるパターンが多いようです。LINEのアカウント名の横に、”年賀状止める宣言”の言葉を入れておく方法は斬新ですね!

「止めます宣言」もらったことがあるママの声

『うちは出すけど、「止めます」の年賀状をもらったことがある。「勝手ながら今後は年賀状でのご挨拶は遠慮させていただきます」みたいな感じで書いてあったよ』
『友だちと会ったときに「年賀状止めるから~」と言われたけどなんとも思わなかったよ。でも私は口頭で言われるだけだと忘れやすいし、誰が止めて誰が出すんだかわからなくなるので、ひたすら出さない方がわかりやすくていいかな~と思う』

実際にお友だちなどから宣言を受けたママの声もご紹介しておきましょう。今後宣言をする際の参考にしてみてください! 意外にみなさんあっさりと受け止めているようですから、”年賀状止める宣言”もありかもしれませんね。

フェードアウト型は受け身がポイント

『「年賀状はもらったら出す」のスタンスの人が多かったみたいで、今年わが家もやってみた。そうしたら年賀状は数枚しか届かなかったよ(笑)。このまま続けていけば、おそらく2年後くらいにはゼロになるだろうなと考えている』
『ここ何年かは年賀状を出してないし友だちにはLINEで返した。そのせいか今はほとんど来ないよ』
『ある年に突然出すのを止めて、年賀状をくれた人には寒中見舞いを出すことにした。そんなことを2~3年続けていたら、次第に枚数が減りほとんど来なくなった』

いきなり止めるのもなんだし、かといって宣言をするほどでもない。そこで登場した第三の勢力は「フェードアウト型」のママたちでした。自分からは出さないけれど、もらったら年賀状を出す、もしくはLINEで返す。このようなことを繰り返していくうちに、届く年賀状が減ったのだそうです。

自分の考え方にあった止め方を

いきなり出さない&返事も出さないことにした「カットアウト型」に、もらったら返信はするけれど自分からは出さない「フェードアウト型」。今回の年賀状に「今年で年賀状を止めます」と宣言をする「宣言型」。年賀状をやめるだけでも3パターンもやり方が登場しました。

年賀状を止めるベストな方法については、考え方や年賀状をやり取りする相手との関係性など、状況次第で答えが変化する要素が強くかかわってきそうですよね。そう考えると3つのうちどの方法を選択しても「いい・わるい」「正解・不正解」はないのかもしれません。

ご自身がどうしたいかや、3つのうちどの方法が自分にあっているかを考えてから決めるといいと思いますよ!

文・櫻宮ヨウ 編集・山内ウェンディ
櫻宮ヨウの記事一覧ページ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ