無料の会員登録をすると
お気に入りができます

逆に新鮮味があると人気の“喫茶店巡り”。緑の空間に包まれた大阪の「アルト」は、昭和レトロなモーニングが魅力

旅行・おでかけ

昭和を知らない世代から、「逆に新鮮味がある」と人気を集めている「昭和レトロ」。

特に、その時代の雰囲気をそのまま残した、“喫茶店巡り”を楽しむ方が増えています。

今回は、大阪・堺筋本町駅にある「アルト」をご紹介します。

レトロな外観

@wasurenagusa_25 / Instagram

大阪、地下鉄堺筋線・中央線堺筋本町駅から徒歩約3分のオフィス街に佇む「アルト」は、緑の屋根と植え込みがレトロな雰囲気の喫茶店。

@wasurenagusa_25 / Instagram

看板の“珈琲は黒い魔女”というフレーズは、昭和20年代後半からコーヒーの完全真空パックを全国販売していた、「福田珈琲株式会社」の商品名なんだとか。

同社は現在コーヒー事業からは撤退していますが、昔からある喫茶店には、このように昭和の文化が残っています。

緑で統一された空間

@t____juri3391 / Instagram

緑色で統一された店内は、オフィス街のオアシスのような雰囲気で、とっても癒されそうですよね。

喫茶店好きの方にはたまらない、ときめきが詰まった空間なのではないでしょうか。

暖かみのある照明

@___.natsume / Instagram

お花みたいでかわいらしい、暖かみのある照明が、カウンター席を優しく照らしています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ