無料の会員登録をすると
お気に入りができます

中目黒に日本初の「スターバックス リザーブ(R) ロースタリー」が登場!

ライフスタイル

2019年2月28日(木)に、東京・中目黒に国内初となる「スターバックス リザーブ(R) ロースタリー」がオープン。高品質なコーヒーを味わえるのはもちろん、新しい体験ができる空間としても注目を集めるスポットについてご紹介します。

東京
中目黒
コーヒー

国内初「スターバックス リザーブ(R) ロースタリー」

47年にわたって、世界各地から最高品質のコーヒーを調達・焙煎・抽出して、一杯のコーヒーになるまで一貫してクオリティを追求してきたスターバックス。

2019年の2月に、国内初世界で5番目のロケーションとなる「スターバックス リザーブ(R) ロースタリー」のオープンが決定しました。妥協を許さない高品質なコーヒーの追求と、のめり込むような国内最高峰のコーヒー体験を叶えるスポットです。

東京大学・隈研究室を立ち上げた世界的建築家「隈研吾(くまけんご)」氏とコラボレーションして、一から設計・建築を行った、日本初のロースタリーとなります。

スターバックス リザーブ(R)とは?

「スターバックス リザーブ(R)」は、少量しか手に入らない個性豊かで高品質なコーヒー豆のこと。世界でも限定された店舗でしかいただけません。

取扱い店舗ではコーヒー豆の販売はもちろん、店舗で味わうことも。注文ごとに、選りすぐりの器具で挽いて一杯ずつ抽出しています。

デジタルイノベーションで新しい体験を

スターバックスでは、デリバリー・デジタルオーダー・キャッシュレス支払い・ロイヤルティプログラム・パーソナライゼーションなど、満足感と利便性を兼ね揃えた体験ができるように、日々新しい施策がほどこされています。

デリバリーサービス「Uber Eats」の導入

2018年11月9日(金)より全国のスターバックスで、ビバレッジやフードなどをお客さまのもとへ直接届けるデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」がスタート。

新宿2店舗と六本木1店舗の東京都内の全3店舗においてトライアルを開始し、2年間で拡大を目指しているのだそう。どこにいてもスターバックスの本格的なフードやドリンクを味わえるのはうれしいですよね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ