無料の会員登録をすると
お気に入りができます

体型カバーには「差し色」を。着ぶくれする秋冬に効果的なカラーコーディネート

ファッション

秋冬ファッションは、着ぶくれするのが悩みの種。ぱっと目を引く鮮やかな色を上手に取り入れると、すらりと引き締まった印象を与えることができます。今回は、6つのコーディネートを例に、差し色で体型カバーを叶えるポイントを見ていきましょう。

WEAR

色には、前に飛び出して見える進出色と、後に引っ込んで見える後退色があります。差し色に適しているのは、どちらかといえば進出色です。ブルー系やバイオレット系などの寒色系は後退色なので、このコーデが示すように、ベースとなる色との対比が重要になるわけです。

ブラウンに合わせやすいイエロー

出典:WEAR

差し色コーデはモノトーンに色を加えることが多いのですが、ここでは少し違う例を見ていきましょう。ブラウン系のチェック柄ステンカラーコートに、イエローのセーターを肩から掛けた差し色コーデ。モノトーンにイエローを合わせると、メリハリが効いて際立って見えますが、ブラウンはイエローと同じ暖色系なので、適度に馴染みソフトな印象になります。

WEAR

差し色を上半身に取り入れると、視線を上に引き上げるので、身長を高く見せることができます。また、差し色で縦のラインをつくると、ほっそりとした印象になります。今回ご紹介したコーディネート例を参考に、みなさんも差し色の取り入れ方を工夫してみてくださいね。

【ガイドからお知らせ】
色に関するウェブアンケートを行っています。匿名で回答いただけますので、ぜひ、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に活用させていただきます。

2022春夏あなたが着たい色は?

ガイドの最新情報は、Twitter、Facebookページをご覧ください。

Twitter
Facebookページ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ