無料の会員登録をすると
お気に入りができます

日本一が決定!「朝ごはんフェスティバル®2018」潜入レポ

ライフスタイル

楽天トラベルの宿泊施設の中から“日本一の朝食”を決める「朝ごはんフェスティバル®2018」。2018年11月28日に、東京・代々木の服部栄養専門学校にて行われた、ファイナルステージの模様をレポートします。

東京
代々木

「朝ごはんフェスティバル®2018」の最終決戦に潜入

楽天トラベルに登録している全国の宿泊施設から、約1,300施設がエントリー。激戦を勝ち抜きベスト6まで絞られた宿泊施設の中から、朝食の頂点が決まります。

「朝ごはんフェスティバル®2018」審査項目

・美味しさ
・コンセプト(料理のテーマや背景の面白さ、思いの強さ)
・表現力(視覚的な美しさ、楽しさ)
・独創性
・地域性(地元の食材や郷土料理をいかに取り入れ、旅行への関心に繋げているか)
・朝ごはんとしての適切性(朝一番の食事としての食べやすさ、栄養)
・技術(調理技術の高さ)

今回の「朝ごはんフェスティバル®2018」の審査項目は上記の7点を審査員がチェック。調理後に、1施設ずつシェフによる10分のプレゼンテーションと審査員の試食・質疑応答をふまえてランキングが決定します。

「朝ごはんフェスティバル®2018」の会場内をリサーチ

会場は「服部栄養専門学校」

ベスト6まで勝ち進んだ宿泊施設が、全国各地から続々と会場入り。ファイナルステージは、服部栄養専門学校です。

各施設ごとの調理スペース

ファイナルステージの調理スペースは、宿泊施設ごとに分かれて展開していました。どの宿泊施設の方々も入念に準備に取り掛かっています。

緊張の最終決戦調理シーン

各地の名産品が続々と登場

全国の宿泊施設からエントリーされているだけあり、ファイナルステージの調理場には各地の名産品がずらりと並んでいました。こちらは島根県・国民宿舎千畳苑の“あんこう”(写真手前)と“ノドグロ”(写真奥)。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ