無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今使ってるファンデで冬の美肌が作れる!マニアおすすめツヤ系下地3選

メイク

ツヤを“仕込む”ことによるメリットも多い!

ツヤが出るタイプの化粧下地は、光でアラを飛ばしてくれるため、コンシーラーやファンデーションをたくさん重ねてカバーしなくても、意外と気にならなくなります。

結果、厚塗りにならないので乾燥した時のパサパサ感も目立ちにくくなるのです。

使い方のポイントは下地もファンデも“厚塗りしないこと!”

ポイント1

下地は全顔に薄く塗ります。
多くつけ過ぎてしまうとテカテカになるので注意です。

ポイント2

ファンデーションを乗せる時は、以下のような使い方をします。

・リキッドファンデ/クリームファンデの場合

濡れたスポンジでとにかく少しずつ叩きのばす。
コツはごく少量のファンデーションで済ませることです。薄塗りにすれば、フルカバレッジのファンデーションを使っても大丈夫です。

・パウダーファンデの場合

パフではなく、ブラシでクルクルと磨くように薄く乗せる。この場合も厚塗りはNGです。

・クッションファンデの場合

付属のスポンジパフはつけ過ぎてしまいやすいので、スポンジパフで5点置きしたあとに、リキッドファンデと同様に濡らしたスポンジで伸ばしていくと、塗り過ぎることがありません。

ポイント3

気になるところは、ごく少量のコンシーラーで隠します。
ファンデで隠そうとすると広範囲かつ厚塗りになり、せっかくのツヤが消えてしまうので、必ずポイントカバーにしてください。

おすすめのツヤ系下地を3つご紹介♡

筆者おすすめの下地は「ローラメルシエ」「アクセーヌ」「ルナソル」です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ