無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一重さん必見!初心者でも劇的に目元美人になるメイクのコツ3ポイント

日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュの元美容部員、藤田あみです。世の中の雑誌やネットのメイク部門は二重さん向けばかり。一重さんが同じようにメイクしても、「あれ…上手くいかない」「私の目元じゃ無理」そんな風に思った事のある方は必見!今回は、初心者の一重さんでも美人になれるメイク術をご紹介します♡

メイク

【重要】一重さんメイクに隠された秘密とは?

一重さんメイクに必要なものって、何だかわかりますか?
この正解がわかれば、圧倒的に美人に近づけるんです…♡

正解…それは『目の縦幅を魅せること』です。

二重さんは、二重の線がまぶたを持ち上げ、縦幅が広く目がぱっちりした印象ですよね。
それに比べて一重さんはまぶたが厚く、目の縦幅が狭いため目が小さくみえます。

でもそれって逆に言えば、二重さんも一重さんも『目の横幅は大差ない』ということ。
つまり一重さんは目の縦幅を魅せることで、美人になれるんです!

“一重さん”と “奥二重さん”のちがい

次に“一重さん”と“奥二重”さんとのちがいです。

一重さんと奥二重さんの1番の違いとは、『まつげの付け根が見えているか』です。
奥二重さんはまつ毛の付け根がみえますが、一重さんは基本的にはまつ毛の根元がまぶたに隠れています。

奥二重さんは二重幅を少しでも強調するメイクが必要となるので、今回の一重メイクとは少し違います。
奥二重さんは『奥二重さんはこれがNG!こっそり叶える写真映えメイク3選♡』の記事を参考にしてください。

『奥二重さんはこれがNG!こっそり叶える写真映えメイク3選♡』

では、一重さん向けメイクをみていきましょう!

①アイライナーは“こっそり山型”が正解!

アイライナーの書き方ですが、こっそり山型が正解です。

目頭から目尻にかけて書く際に『黒目の部分』のみ0.3~0.5mm幅を広げて書きます。
そうすることで自然と目の縦幅が広がります。

またアイライナーを選ぶ場合、一重さんはまぶたの厚みでアイラインを書いたあと、まぶたについたり滲みやすいため、“速乾性”や“滲みにくい”タイプを選ぶのが不可欠!

リキッドより色が自然なペンシルタイプもいいでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ