無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2020年春]東京ディズニーランドに新しいエリアが登場!

旅行・おでかけ

千葉・舞浜にある東京ディズニーランドが2020年春の開業を目指している、新しいエリアやアトラクション、エンターテインメントシアターや商品店舗などの名称が決定!『美女と野獣』や『ベイマックス』のアトラクションも登場しますよ。

舞浜

2020年春完成!東京ディズニーランドの新施設

2020年春の開業に向けて取り組まれている、東京ディズニーランド大規模開発。東京ディズニーランドは、新しく増築される施設の名称が決定したことを発表しました。

パーク内にある7つのテーマランドのうち、「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」の3つにまたがる場所に、アトラクションやエンターテインメントシアター、レストランや商品店舗などの新しい施設が増築されます。

東京ディズニーランド新施設の工事の様子

東京ディズニーランドでは、現在も新施設の増設にあたって工事が進行中。外壁の岩を手作業でつけたりと、細やかな職人技で、新しい施設を形づくっていきます。

まるで夢の国に訪れているような気分にさせてくれる、アニメのワンシーンに登場するようなかわいらしい建物には、このように職人の息が吹き込まれているのですね。

部分的なパーツを完成をイメージしながら組み立てていくだけでも、わくわくしそう。新施設が完成したら、パーク内の雰囲気を左右する建物のデザインや素材も、じっくり見てみてくださいね。

美女と野獣エリア「ファンタジーランド」

ディズニー映画『美女と野獣』がテーマのエリア

ディズニー映画『美女と野獣』をテーマとしたエリアが誕生。高さ約30mの「美女と野獣の城」内にある大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」では、映画の名曲に合わせて動くライドに乗り、映画に登場する名シーンをめぐります。

ディズニープリンセス・ベルの住む村には、商品店舗「ビレッジショップス」やレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」がオープン。まるで映画の世界にいるような、ロマンチックな風景が広がります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ