無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食べ過ぎた翌日のリセット方法!栄養士に聞くダイエット中の外食のコツ

美容

一年の締めくくりということもあり、外食する機会が増えるこの季節。外食が続くと「からだが重くて、体重計にのりたくない……」と感じる人も多いのではないでしょうか。今回は、外食続きでも太りにくい「食べ方のコツ」や、食べ過ぎた後の「調整方法」について、あんしん漢方の管理栄養士、小玉奈津実さんに伺いました。

外食続きで太る人・太らない人の違いは?

太りにくい人の7つの特徴

photo:unsplash

外食続きでも太らない人には、下記のような7つの特徴がみられます。

1:腹八分目を意識している
2:旬の食材を楽しんでいる
3:薄味で低カロリーのメニューを選んでいる
4:よく噛み、時間をかけて食事を味わっている
5:汁物やお茶など、食事の合間に水分をこまめに摂っている
6:一緒にいる人との会話を楽しんでおり、ガツガツ食事をしない
7:他の食事で調整している

太らない人は「暴飲暴食せず、外食をゆったり楽しんでいる」傾向があるようです。

外食=普段不足しがちな栄養を摂取するチャンス

外食には高カロリーで脂っこい料理もたくさんありますが、普段食べない食材や不足している栄養を摂取できる機会でもあります。

是非、外食をポジティブに考えて、太りにくい食べ方のコツを意識しながら楽しい時間を過ごしましょう!

外食続きでも太りにくい食べ方のコツ

photo:unsplash

次に、簡単に意識できる「外食続きでも太りにくい食べ方の工夫」を3つご紹介します。

その1:外食前にナッツや干し芋をつまむ

外食続きで太る原因の一つに、食べ過ぎによるカロリーの過剰摂取があげられます。
食べ過ぎを防ぐためには「空腹でお店に行かないこと」がポイント。コンビニで手軽に買えるナッツや干し芋を少しつまんでお腹を満たし、ドカ食いを防ぎましょう。
ナッツや干し芋は食物繊維が豊富なため、血糖値の急激な上昇を防ぎ、太りにくくなる効果も期待できます。

その2:単品だけでなく、野菜や汁物も一緒に頼む

外食時に、パスタやカレー・牛丼など単品メニューだけを頼むと、栄養バランスが崩れてしまいます。

とくに、野菜などに含まれるビタミンやミネラルが不足すると、代謝サイクルがスムーズに回らず、太りやすくなります。

サラダやおひたし、具沢山の汁物も一緒に頼み、ビタミンやミネラルを意識して摂取しましょう。
その際に、先に野菜や汁物を食べる(ベジファースト)と、血糖値の上昇がゆるやかになり、太りにくくなるのでおすすめです。

その3:飲み物は「ホット・低カロリー」のものを選ぶ

外食の際に見落としがちなのは、飲み物のカロリー。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ