無料の会員登録をすると
お気に入りができます

免疫アップで風邪予防! 新開ミヤ子さんの[肺を潤す]薬膳レシピ4つ

レシピ

寒さと乾燥による免疫力の低下が心配な季節。体を温めながら「肺」を潤す薬膳で、風邪に負けない体をつくりましょう。おもてなしにもピッタリのレシピを、予約の取れない薬膳料理教室を主宰する新開ミヤ子さんが教えてくれました。

▼あわせて読みたい

自宅でできる!森田敦子さんの【植物由来の免疫アップ】3レシピ

寒さが増す季節の養生は「温活」と「潤肺」の両面で対処

漢方では、鼻から肺までの呼吸器エリアを「肺」と考え、いまの時期は「肺」を潤すケアを重視します。秋から始まる空気の乾燥は冬に向かって増していき、呼吸をするたびに乾いた空気が鼻から体内に入って、「肺」を乾燥させます。結果、ウイルスやアレルゲンに対する防御力が低下してしまうのです。寒い冬には「温活」も大事ですが、サウナをイメージしてもわかるように、ただ体を温めるだけでは、肌も粘膜も乾燥する一方。ですからこの時期の薬膳は、体を温める食材や調理法に、肺を潤す食材を組み込むのが基本。食の力で、免疫力を上げていきましょう。

教えてくれたのは……新開ミヤ子さん

白きくらげとエビだんごのスープ

【材料】(4人分)
白きくらげ(乾燥)…10g(水で戻してよく洗い、石づきを除く)

エビだんご
・むきエビ…250g
・塩、片栗粉…各適量
・酒…少々

えのき茸…1袋(食べやすい長さに切る)
三つ葉…適量
チキンスープ、和だし(昆布、かつお)…各600㎖
淡口醤油…少々
塩、白こしょう…各適量

【作り方】
❶ 白きくらげは食べやすい大きさにちぎり、水けをよく切る。
❷ 鍋にチキンスープと①を入れて中火にかけ、沸騰したら弱火にし、10分煮る。
❸ むきエビは塩、片栗粉各適量を振ってもみ洗いし、水けをしっかり拭き取る。塩少々、片栗粉小さじ1、酒を加え、フードプロセッサー(またはすり鉢)でなめらかな練り物状にする。
❹ 鍋に和だしを温め、③をスプーンで丸めて落とし、ごく弱火で表面が固まるまで煮る。
❺ ②と④をひとつの鍋に合わせて、えのきを加えて煮立て、淡口醤油、塩、白こしょうで調味し、三つ葉を加えて火を止める。

潤肺ポイント:白きくらげ

楊貴妃も美肌のために食べていたという、白きくらげ。肺をしっかり潤すことで肌も潤った状態となり、もちもちの美肌をキープできます。エビは魚介類の中では珍しく体を温める食材なので、冬でも安心。

乾いた肺を潤す名脇役はコレ!

れんこん餅のきのこあんかけ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ