無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「髪の毛ベタ子さん」になってない?スタイリング剤の正しい付け方Lesson

ヘアスタイル

ヘアアレンジに欠かせない「スタイリング剤」

イマドキのヘアアレンジに欠かせないワックスやオイルなどのスタイリング剤ですが、なかなか正しい付け方を教えてもらうことってないですよね。ちょっと間違うと「皮脂で髪がベタついてる風」にペタッとなってしまったり、失敗談も多いんです。

今回はそんなスタイリング剤の正しい使い方をわかりやすい動画でご紹介。使い方一つでもっと可愛くこなれたヘアスタイルにアップデートできちゃうテクニックを早速チェックしていきましょう!

こなれて見える!スタイリング剤の正しい付け方講座♡

#シースルーバング+ヘアオイル

前髪にヘアオイルを使う場合、たくさん付けてしまうとベタついて清潔感がなくなってしまいます。特にシースルーバングはスタイリング剤の量と場所が大事なポイントになりますよ。毛先にちょこっとニュアンスをプラスする程度に抑えて、クシで整えてあげるとサラサラ感は残しつつも崩れにくいシースルーバングの完成です♡

#束感ボブ+ワックス

立体感のある束感ボブですが、普段はどこからワックスを付けていますか?正解は毛先から揉み込むように付けること。トップにワックスを付けてしまうとふんわり感がなくなってベタついた印象になるので、束感を作るときも毛束の中間から毛先にのみワックスをONするとふんわり感が演出できますよ。

#外ハネヘア+オイルorバーム

こなれたオシャレ感が出る外ハネヘアは、オイルとバームの2つのスタイリング剤を比較。オイルはまとまり・ツヤ感のある濡れ髪ヘアでイマドキな雰囲気に。バームはしっとり感が出てナチュラルな雰囲気に。動画の仕上がりを比較してみても違いが歴然ですね。ファッションやその日の気分でテイストを変えて楽しめそうです♡

#ゆるふわ巻き+ヘアオイル&バーム

オイルとバーム、この2つを混ぜ合わせて付けることでまとまり感とツヤ感のどちらも手に入る最強スタイリング剤にアップデートできるんです。髪をコテで巻いた後、オイル+バームのスタイリング剤を馴染ませた手のひらで巻きをほぐしてあげると、しっとりした清潔感のあるゆるふわヘアが作れますよ。

#ショートボブ+バーム

ショートヘアはあまりアレンジができないと思われがちですが、スタイリング剤でグッとオシャレ度がアップするヘアスタイル。ドライヤーでブローした後に全体に満遍なくヘアバームを馴染ませ、そこから形を作っていくとコテで巻いたりしなくても今っぽい雰囲気が作れるんです。

記事に関するお問い合わせ