無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ちょい足し」で腸活の効果UP?ヨーグルトにプラスすべき食材5選

ライフスタイル

ヨーグルトそのものも、健康・美容効果が高いですが、「ちょい足し」することで、さらにその効果を高くすることができます。ご紹介している食材はいずれも手軽に入手できるものなので、ぜひヨーグルトを食べるときにプラスして、健康・美容に役立ててくださいね。

ヨーグルトの効果効能

bybirth.jp

ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が含まれています。善玉菌は腸内で悪玉菌が増えるのを抑えて、腸内環境を整える働きがあります。

腸には、免疫細胞の約7割が存在しているといわれているため、腸内環境が整うことで免疫力アップにつながります。

また、乳酸菌は老廃物を体の外に出す働きもあるため、肌トラブルの予防にも役立ちます。乳酸菌は、ビタミンB2やビタミンAなど代謝に関わるビタミンを多く含んでいるからだとのこと。

腸内環境を整えるだけでなく、美肌づくりにも役立つヨーグルト。食物繊維やオリゴ糖を含む食品と一緒に摂ることで、その効果がより高くなるといわれています。

シンバイオティクスとは

乳酸菌やビフィズス菌など、善玉菌を含むものを「プロバイオティクス」、食物繊維やオリゴ糖など、善玉菌のエサとなるものを「プレバイオティクス」といいます。

この2つを組み合わせて摂取すると「シンバイオティクス」といい、腸活の効果が高くなることが分かっています。

上記の内容をふまえて、ヨーグルトと組み合わせると腸活効果を高められる食材について、ご紹介いたします。

ヨーグルトにプラスすべき食材5選

バナナ

bybirth.jp

バナナは食物繊維が豊富な上、オリゴ糖も含まれているため、ヨーグルトとの相性は抜群です。食物繊維によって便通がよくなり、老廃物が体の外に出されるので、肌トラブルの予防にもつながります。

バナナの皮にシュガースポットという黒い斑点が出ているものは、ポリフェノールの一種であるタンニンが多く含まれています。抗酸化作用があるため、アンチエイジングにも効果的です。

シュガースポットが出ているバナナは甘みも強いため、酸味のあるヨーグルトとの組み合わせで美味しくいただけますよ。

アーモンド

bybirth.jp

ナッツ類のアーモンドは脂質が多い印象が強いですが、食物繊維も豊富に含まれています。ヨーグルトと組み合わせることで、シンバイオティクスを意識した食べ方になりますよ。

アーモンドの食べ過ぎは、もちろん太る原因になるためNGですが、「若返りビタミン」とも呼ばれる、強い抗酸化作用をもつビタミンEも豊富なので、美容のために上手に取り入れたいところ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ