無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ヴィンテージ&多国籍の大切なアイテムに囲まれて。「好き」が調和するカナダの1Kインテリア[私らしく暮らす]

インテリア

移民大国であるカナダ。世界中から集まってきた素敵なヴィンテージアイテムをうまく調和させた、1Kの一人暮らしのお部屋を拝見しました。

大きな窓からの眺めを楽しむ1K

カナダで暮らしていらっしゃる may さん。お住まいは、38㎡の1K+DENのお部屋です。

大きな窓からの眺めがとても良いお部屋。大きなベッド、ソファ、お仕事用のデスクとダイニングテーブルを置いていらっしゃいます。「窓辺に食事をしたり仕事をするスペースを設けて、いつでも外の美しい景色が楽しめるように配置してます。遠くに山々が見えるのがとても嬉しいです」

IKEAのデイベッドに自分で作ったカバーをかけてソファがわりに。部屋が狭く見えないように、ベースはホワイトやスモーキーピンクなどの明るく淡い色を使い、壁にも余白を残すようにされています。

キッチンは料理が効率よくできるように動線や収納を最優先。カトラリー入れなどはヴィンテージで、好きなものがいつでも目に入るように。収集されているヴィンテージのティーカップはケーキスタンドを利用してディスプレイ兼収納に。

エリアごとにテーマを変えているという may さん。バスルームは気分転換できるよう、思いきりカラフルな子供部屋のようなイメージに。ヴィンテージの刺繍画や雑貨がたくさん飾られています。

日本のようなクロス貼りの壁ではないため、ペンキの塗り替えや釘で棚をつけたりも比較的自由にできるカナダのお部屋。may さんのお部屋でも、自分の好きな場所に棚をつけて壁を自由に飾られていました。

作品を隠さずに飾れるクリアの棚板をつけたギャラリーウォール。ヴィンテージの絵やお皿、モダンアートを、下のラックにはヴィンテージのランプや花瓶を飾っていらっしゃいます。

仕事に集中できるように机の上はすっきりと。シェルフをつけて、アートや雑貨を飾れるようにしたワークスペース。ヴィンテージのクラッチバックやデスクライトが華を添えています。

一切収納のなかった玄関も、シューズボックスや鏡、コートラックなどを自分で設置されました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ