無料の会員登録をすると
お気に入りができます

山田涼介、高所恐怖症を土屋太鳳にイジられ...「富士山が綺麗ですよ、山さん」 『大怪獣のあとしまつ』

エンタメ

山田涼介&土屋太鳳 東京スカイツリー®️点灯大作戦に挑戦!

映画『大怪獣のあとしまつ』の公開直前イベントに、主演の山田涼介さん(Hey!Say!JUMP)と土屋太鳳さんが登場。本作に登場する怪獣は日本映画史上最大級のスケールということで、そのスケールにふさわしい世界一高いタワーである東京スカイツリー®️でイベントが実施されました。

飛び出す大怪獣の装飾が施された高さ350mに位置する東京スカイツリー天望デッキに登壇したお二人は、〈謎解き企画〉に挑戦!見事成功し、東京スカイツリーが「大怪獣カラー」に点灯されました。また、イベントでのトークの模様もお届けします。

大怪獣よりも高い!山田涼介は高所恐怖症で...

一方の土屋太鳳は「スカイツリー大好き」

イベントは、司会を務めるフリーアナウンサー 青木源太さんの進行でスタート。大怪獣の2倍もの高さだという東京スカイツリー®️の展望デッキに立った感想を尋ねられた山田涼介さんは、「スカイツリーは初めて。高いところが苦手なので、後ろ(の景色)を見ないようにします」とのこと。

一方の土屋太鳳さんは、「スカイツリー大好きなんです!迷っている時や悩んでいる時に友人と来ることがあります」と話し、山田涼介さんに対し、「富士山が見えますよ。日本といえば富士山ですね、山さん」と声をかけるも、頑なに景色を見ないようにする山田涼介さん。

青木アナも景色を見るよう促すが、「テレビの前の皆さ〜ん」と報道陣のカメラに向けて挨拶をする山田涼介さんの姿に、会場では笑いが起こる場面がありました。

完成した作品を観て思わず笑ってしまったシーンは?

山田涼介「くっだらねえこと言ってんな、って」

2月4日からいよいよ公開となる映画『大怪獣のあとしまつ』。ドラマ『時効警察』などで知られる三木聡監督のもと、濱田岳さん、オダギリジョーさん、西田敏行さんら豪華キャストが集った本作は、やはりシーンの所々に笑いが散りばめられているそうで...。山田涼介さんは「西田さん含め、大臣サイドの方々がひっちゃかめっちゃか。西田さんの叫ぶシーンは笑っちゃいました」と話します。

そして土屋太鳳さんも笑ってしまったシーンは、大臣サイドの場面とのこと。「みなさん後先考えずに言いたいこと、やりたいことやってるんです。官房長官の六角精児さんが、大怪獣の名前の「希望」と書かれたボードを持つシーンがあるんですけど、そのシーンに既視感があって...これ大丈夫?と」。続けて山田涼介さんも、「作ってる僕たちも『何やってんだろ?』と思う場面たくさんありましたね。くっだらねえこと言ってんなと。そんな三木さんらしさも存分に楽しんでいただけたらと思います」とまとめました。

理想のヒーロー像&ヒロイン像は?

土屋太鳳「リアルなヒーローとヒロインは医療従事者の方々」

大怪獣のあとしまつが特撮エンターテイメント作品ということで「理想のヒーロー&ヒロイン像は?」という質問に対し、山田涼介さんは「お父さん」と回答。「理想的な歳の取り方をしている人だなって。おちゃらけたお父さんでそういうところも似てしまったとは思うが、かっこいい親父だなと。人として芯の通った人です」。

土屋太鳳さんは「今のリアルなヒーローとヒロインは、医療従事者の方ですね」と話し、さらに、「(自分が)特撮作品をずっとみてきて、特撮作品は人の心のいろんな面を描いていきますが、どんなヒーローやヒロインも諦めずに進んでいく姿が憧れです」と続けました。

記事に関するお問い合わせ