無料の会員登録をすると
お気に入りができます

JUMP山田涼介と西田敏行は発想が同じ!?「顔が似ているからね」西田の言葉に笑顔『大怪獣のあとしまつ』

エンタメ

松竹×東映 初のタッグ!映画『大怪獣のあとしまつ』

ウルトラプレミアイベントを開催

(左から)西田敏行さん、濱田岳さん、土屋太鳳さん、山田涼介さん、オダギリジョーさん、三木聡監督

2022年1月9日(日)、『大怪獣のあとしまつ』のウルトラプレミアイベントが開催されました。登壇したのは山田涼介さん、土屋太鳳さん、濱田岳さん、オダギリジョーさん、西田敏行さん、三木聡監督。司会はフリーアナウンサーの青木源太さんが務め、終始和やかに、本作にちなんだトークが繰り広げられました。

「もしも大怪獣の死体が現れたら...」

大怪獣の死体の上でHey!Say!JUMPが歌って踊る!?

まずは「もしもある日、大怪獣の死体が現れたらどう処理をする?」という質問からスタート。山田涼介さんは「え〜」と悩みつつも「日本全国から人を集めて焼肉をする」と回答。

ジャニーズファンで知られる青木源太アナは「Hey!Say!JUMPのみなさんで、大怪獣の上で歌って踊ってはいかがでしょうか。映画でも大怪獣の上に乗るシーンがあるので」と真剣にオファー。それには「青木さんを司会にしたの間違いなんじゃないですか。(大怪獣は)足元不安定なので難しい」と笑って答える山田さん。

西田、山田に対し「顔が似ていると同じ発想になるね」

西田敏行さんは大怪獣のイラストが描かれたフリップを使い「それぞれの部位をおいしく食べてあげよう」と説明。山田涼介さんが「背中のトゲトゲが軟骨なんですか?」とたずねる場面も。

山田涼介さんと同じく大怪獣を“食べて処理する”と回答した西田敏行さんに対し、「山田さんと西田さんは同じ発想でしたね」とまとめる青木源太アナ。「やはり顔が似ていると同じ発想になるんですね」と会場に笑いを起こす西田敏行さんでした。

「2022年あとしまつしたいことは...」

人間関係をあとしまつしたい!?土屋の爆弾発言を山田がフォロー

2つ目の質問は、「2022年にあとしまつしたいこと」。「人間関係をあとしまつしたい」と答えた土屋太鳳さんに対し、「え、それ言って大丈夫?」とフォローを入れる山田涼介さん。土屋太鳳さんは「良い意味で、です!(コロナ禍のため)ご縁のあった方にお礼を伝えられていない。なのでしっかりお礼を伝えて、いい未来につなげていきたい」とのこと。

『大怪獣のあとしまつ』の撮影もコロナ禍で行われたことから、撮影現場での人間関係の話へ。土屋太鳳さんは西田敏行さんや濱田岳さんとの撮影で、たまに『あれ、ここは撮影所じゃないのかな?』というシーンがあったと話します。「すごく面白いです、皆さんが。それだけは言えます」とネタバレを避け言葉を選びながら説明。さらに山田涼介さんのことを「こんなに役が染み込んでいる方がいるんだと思いました」と絶賛しました。

山田、三木監督のことを「めちゃくちゃひねくれてますね」

記事に関するお問い合わせ