無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食べ過ぎを上手にリセット!翌日に行いたい体型キープの習慣とは

美容

イベントが多い冬は、つい食べ過ぎてしまって後悔することが多いですよね。しかし、後悔しても仕方ありません。肝心なのは、「食べ過ぎた後にどう過ごすか」です。そこで、今回は食べ過ぎてしまった後の対処法を、あんしん漢方の薬剤師、有島ゆいさんに伺いました。

食べ過ぎは48時間以内に調整を!

photo:unsplash

食べ過ぎによって過剰に摂取されたエネルギーは、すぐに脂肪に変わるわけではありません。余分な脂質や糖質は、ひとまず肝臓に運ばれて蓄えられます。そして、48時間経っても消費されなかった分が、脂肪として定着します。

つまり、食べ過ぎをリセットするためには、余分なエネルギーが脂肪になるまでの48時間(2日)以内に調整することが大切というわけです。

食べ過ぎリセット期間の過ごし方

photo:unsplash

それでは、食べ過ぎをリセットするためのポイントをご紹介します。

リセット期間の理想的な食事メニュー

食べ過ぎたからといって、翌日の断食はからだの負担になるので禁物です。リセット期間は、バランスのとれた食事を少量摂ることを心がけましょう。

以下に、リセット期間におすすめの1日の食事メニューをご紹介します。

・朝…温かいスープや味噌汁
・昼…おにぎり、野菜サラダ、ゆで卵
・夜…ご飯、鶏胸肉のグリル、野菜スープ

朝は基礎代謝を上げるために、汁物でからだを温めることを意識しましょう。また、胃腸に負担の少ない、消化にいいものを食べましょう。
昼は栄養バランスの偏りやすい丼ものや麺類は避けてください。炭水化物は食べてOKですが、副菜などを追加してください。
夜はできるだけ炭水化物を控え、タンパク質や食物繊維を多めに摂りましょう。

また、マグロや納豆など、ビタミンB群を豊富に含んだ食材も、脂質や糖質の代謝を助ける働きがあるのでおすすめです。

リセット期間の水分補給

食べ過ぎてしまった後は、脂質や糖質だけでなく、塩分も過剰になりがちです。塩分はむくみの原因になるので、リセット期間はいつもより多く水分を摂取して、余分な塩分をスムーズに排出させましょう。

胃腸を冷やさないように、飲みものは白湯や常温の水などにしてください。また、水分の吸収率を高めるために、こまめに水分を摂ることもポイントです。

リセット期間の運動

リセット期間はいつもより積極的にからだを動かすことが大切ですが、いきなり激しい運動をする必要はありません。ウォーキングやジョギングなど、無理のない有酸素運動を取り入れて脂肪の燃焼をサポートしましょう。
また、適度な運動によってからだが温まることで、消化活動がスムーズになったり基礎代謝がアップしたりする効果も期待できます。

食べ過ぎには漢方でリセットするのもおすすめ

photo:unsplash
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ