無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アニメの舞台にもなった飛行機が身近な街・常滑市を大調査!!(前編)『デラメチャ気になる!』

旅行・おでかけ

はるな愛と村上佳菜子が東海地方の話題のスポットに出かけ、“気になる”を調査しながら街歩きする番組『デラメチャ気になる!』。2月6日の放送ではアニメの舞台にもなった空港の街・常滑市を巡りながら街のウワサを大調査しました。

『デラメチャ気になる!』動画を見る

卵愛が深過ぎる親子が作った『卵のテーマパーク』があるってホント!?

常滑市で最初に検証するウワサは『卵のテーマパークを作っちゃった親子がいるらしい』。はるなと村上が早速ウワサのスポットへ向かうと、ビシッとスーツを決めた男性がお出迎えしてくれました。

出迎えてくれたのは卵に人生を捧げて60年になる市田真澄さん。この場所で養鶏農場を営んでいます。そんな市田さんの自慢は、エサの中に飼料米を10%配合した『米たまご』。濃厚な味わいが特徴のとっても美味しい卵です。

卵のおいしさを広めたいという思いから市田さんが設立したのが卵のテーマパーク『ココテラスの丘』。『米たまご』を使った美味しい料理が味わえるとテーマパークには、県外からも多くのお客さんがいらっしゃるそうです。ということで、市田さんの案内で二人も早速『ココテラスの丘』に向かいます。

『ココテラスの丘』を担当しているは息子の旭宏さん。

『ココテラスの丘』には、美味しい卵を食べてもらうための直売所&スイーツ店『ココテラス』や玉子料理のレストラン『レピシヲ』があり、お父さんの卵を旭宏さんが様々な形で提供しています。

さらにはこんなものまで!

これは卵の自動販売機。なんと、採れたての卵を24時間365日購入可能なんです。親子揃っての強~いタマゴ愛、どのお料理もスイーツもさぞかし美味しいに違いないということで、はるなと村上もこだわりのスイーツを頂きました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ