無料の会員登録をすると
お気に入りができます

春メイクを先取り!デパコスからプチプラまで春メイクアイテムをご紹介

メイク

まだ朝晩の冷え込みは続いていますが、気持ちやメイクだけでも暖かい春を先取りしたいですよね。
明るい春メイクに変えて、マスク生活にも変化を起こしていきましょう!
デパコスからプチプラまで、おすすめのアイテムとメイクをご紹介します。

通常は、カーキとブラウンの2種展開になりますが、2022 春 カラーコレクションとして「101 オレンジブラウン」が数量限定で発売されています。(売り切れ次第終了)

オレンジブラウンは使いやすいオレンジと淡いピンクのため、初めてカラーのアイブロウを取り入れる人にも使いやすいですよ。

ダークカラー、ミドルカラー、ライトカラーの3色を使うことで、立体的でいてほどよい抜け感をつくりだすことができます。どんな髪色や肌色にも対応しているので、ほかのメイクやヘアの邪魔にもなりません。一番明るいライトカラーは、ハイライトや陰影をつくるのに便利ですよ。

眉毛にも抜け感をつくることで、より春っぽさを感じることができます。

CANMAKE シルキースフレアイズ

全8種 825円(税込)

1つのパレットに4色のそれぞれの特徴を持つカラーが入っています。密着力が高く、グロウオイル配合なのでしっとりとしたツヤ感溢れる目元に仕上がります。どの色味も使いやすく、一気に血色感がでて垢抜けた印象の目元になるので、春らしさをつくってくれますよ。

粉落ちせず、ラメも控えめだけどアクセントにもなり、発色も良いです。プチプラで品質が高いのは嬉しいですよね。重ねても単色でも使いやすいので、飽きることなく楽しめます。

KATE エレクトリックショックアイズ

全8種 1,320円(税込・編集部調べ)

2色の違った質感のラメが含まれたKATEのアイシャドウは、この春のメイクにもしっかり活躍してくれます。

ツヤ感溢れる高発色と大粒のグリッターで、目元に存在感をつくり出してくれます。オイルリッチ処方となっているので、大粒のラメでも粉落ちしにくくなっています。

一見、ギラギラとしたラメが使いにくそうと感じるかもしれませんが、実際は目元にのせても馴染みがよく、派手になりすぎないです。

2色ありますが、単色使いするだけでも全く違った印象の目元にしてくれますよ。また、目元以外に鼻筋や頬、鎖骨にハイライトとして使うことで、一気に華やかさやツヤ感を増してくれます。

さまざまな使い方で春メイクを楽しもう

bybirth.jp

同じような色味でも使い方や組み合わせによって、いろんな見せ方があります。今季の春メイクには、さまざまな色味やラメ感のあるアイテムを取り入れて、昨年とは違った楽しみ方をしてみましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ