無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シンプルイズベスト!ローソンストア100話題の「だけ弁当」の第3弾が登場

グルメ

ウインナー弁当が話題でしたが…

昨年夏にSNSを騒がせた、ローソンストア100の「ウインナー弁当」。おかずがウインナーだけというインパクトから話題を呼びました。秋には同じくおかずがミートボールだけの「ミートボール弁当」も発売されましたが、2022年3月9日(水)より、「だけ弁当」シリーズの新作が登場します!

今回の第3弾は、おかずはちくわの磯辺揚げだけの「のり磯辺揚弁当(税込216円)」が発売されます!今回も潔すぎる&インパクト大な見た目に期待が高まります。

中身はこんな感じ!

ご飯の上には、醤油で味付けしたおかかと海苔をのせた「のり弁」風になっています。その上に「ちくわの磯辺揚げ」が3切れものっていて、テンションが上がる!主役の磯辺揚げは「ちくわ」自体の美味しさを追求し、石川県の水産練製品メーカーの焼ちくわを選定。

「青のり」の量についても、磯の香りが楽しめるようなベストバランスに仕上がっています。さらにちくわの磯辺揚げは人の手で1本1本、丁寧に衣をつけて揚げているので絶品!また、のり弁の海苔が箸で切れずに食べ辛い、というストレスを緩和するために、海苔は大きな1枚をのせるのではなく、小さめのものを2枚のせています。

おいしく食べるポイント

別添えしている「だし醤油」をかけていただくのがおいしい!さぬきうどんの本場である香川県の鎌田醤油さんのぶっかけうどんにも使うものを使用しています。お好みの量をかけて“味変”をしていただき、最後まで美味しくいただくことができますよ。

発案者・林さんのコメント

林さん「ちくわの磯辺揚げはウインナー・ミートボール同様、お弁当の定番なのに主役になれないおかずです。嫌いな人はいないのでは?むしろセルフのうどん屋などではトップクラスの人気を誇るので、主役をはれるのではと可能性を感じていました。ちくわの磯辺揚げは、実は自宅で自分でも作るほど大好きなおかずです。ウインナー・ミートボールとどちらも肉系で、子供の頃のお弁当やレストランのお子様ランチをイメージしたものが続いたので、第3弾は和風にして趣向を変えてみました。「そうきたか!」と思っていただけると嬉しいです!」

こだわりや開発秘話も教えてくれました

林さん「別添の「だし醤油」は、実は商品部が別の商品に使うことを検討していたものでした。それをちくわの磯辺揚げにかけてみたところ、当初予定していた普通の醤油(本醸造醤油)よりも格段に合う!これだ!と思い、無理を言って「だし醤油」に変更してもらいました。普通の醤油より高いということでしたが、美味しさを優先してこちらに決めました!」

林さん流のおすすめの食べ方は?

林さん「これから暖かくなる季節ですので、ぜひ、冷やしうどんや冷やしそばと一緒に楽しんでいただきたいです。「だし醤油」を全体にかけてから、ご飯にのっているちくわ磯辺揚げを1つ取り、まずは麺の上に移して食べていただくのがおすすめです!また、ちくわの磯辺揚げは居酒屋でも人気のメニューですので、磯辺揚げをつまみに宅飲みを楽しみ、シメにのり弁を食べる、という楽しみ方もありそうです。」

商品情報

商品名/「のり磯辺揚弁当」
価格/216円(税込)
発売日/2022年3月9日(水)より日全国の「ローソンストア100」にて発売

記事に関するお問い合わせ