無料の会員登録をすると
お気に入りができます

痩せない原因は何?栄養士がすすめる!タイプ別・ダイエットの食事法

美容

やみくもにダイエットをするよりも、痩せない原因について考えてからダイエットに取り組むと効率が良いですよね。代表的な「痩せない理由」と、そのタイプに合わせた「食事面での対策」についてご紹介しているので、ぜひダイエットの参考にしてみてくださいね。

痩せない原因には、いくつかのタイプがあります。やみくもにダイエットを始めるよりも、まずご自身がどんな理由で痩せないかを探ってから取り組むと効率的です。

タイプ別に、ダイエットにいかせる食事法をご紹介します。

痩せないのは、なぜ?タイプ別・ダイエットの食事法

タイプ1:食べる量が少ない

bybirth.jp

「食べる量を減らしているのに痩せない」という人は、食べないことが逆に痩せない原因となっている可能性があります。

極端な食事制限をすると、体が栄養不足だと判断し、生命維持のためにカロリー消費を抑えようとします。そのため、逆に痩せにくい体になってしまいます。

また、食事量を減らせば簡単に体重は落ちていきますが、また食事量を元に戻すとすぐに体重は戻り、リバウンドしやすい体になってしまいます。

運動で筋肉を付けつつ、たんぱく質・食物繊維をしっかり摂取し、脂質・炭水化物は「抜く」のではなく「控えめ」を意識して食事をしてください。

鶏肉や魚、大豆などのたんぱく質食品を、1食のうち2品は摂取しましょう。食物繊維が多い野菜は、毎食食べることをおすすめします。便通が良くなるので、代謝UPにも役立ちます。

ご飯などの炭水化物は、朝食・昼食でしっかりと食べて、夕食では控えめにしましょう。玄米や雑穀米は、食物繊維が豊富なため、ダイエット中の主食におすすめです。

タイプ2:朝食を抜いている

bybirth.jp

朝食を食べると体温が上がるため、それに伴い基礎代謝も上がります。体温が1度上がると、基礎代謝は13%も上昇するといわれています。

また、朝食は、体内時計を整える働きもあるため、生活リズムを崩さないためにもしっかり食べることをおすすめします。

ご飯やパンなどに含まれる炭水化物は、体内でブドウ糖に分解されて脳のエネルギー源となるため、朝食に適しています。食物繊維が豊富な、玄米や雑穀米、全粒粉パンは、ヘルシーにいただけますよ。

さらに、朝食にたんぱく質を摂取すると、筋肉量アップに役立つことが報告されています。炭水化物とあわせて、チーズや牛乳、ヨーグルト、ゆで卵など、たんぱく質が多い食品も取り入れましょう。

タイプ3:食べる量が多い

bybirth.jp

当たり前ですが、「摂取したエネルギー量>消費したエネルギー量」であれば、痩せません。「単純に食べる量が多い」場合や、「活動量が少ない」場合には、エネルギー収支が合っておらず、痩せない原因になっている可能性があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ