無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大ぶりなさばを使った贅沢「さば缶」。極上の水脂を味わう

レシピ

三陸沖のさばでワンランク上のさば缶に

Photo by macaroni

近年、専門店やレシピ本も多く出ている話題の“さば”。その中でもさば缶は、メイン料理からおつまみまでアレンジの幅が広く、ご家庭でもいろいろな場面で使われていることでしょう。

今回ご紹介するのは、通常のさば缶に使われるものより、2倍以上も大きいさばを使用したさば缶。創業70年以上の缶詰メーカー「ミヤカン」が製造し、“究極ツナの専門店“「モンマルシェ」が販売しています。

世界三大漁場である三陸沖で水揚げされた新鮮なさばのみを使用し、旨みが凝縮されているそうです。身がたっぷり詰まっていて脂ノリの良い、贅沢な味わいの水煮と味噌煮の2種をレポートします。

水煮缶

Photo by macaroni

創業70年以上続く缶詰メーカー「ミヤカン」が製造しているさば缶。気仙沼で水揚げされた1尾400g以上のさばのみを使用しているそう。

通常のさば缶で使われるさば(250g前後)とは大きさに差があるので、脂ののりも段違い。
そして、身崩れをしないように一切れひと切れをていねいに手詰めしているそうです。

水煮缶の味つけとなる塩は、海のミネラルを豊富に含んだこだわりの塩。その身をひと口頬張ると、やわらかい塩気とほのかな甘みを感じました。さばの旨みを引き出す、シンプルながらも奥深い味わいです。

アレンジ料理「さばの竜田揚げ」

Photo by macaroni

今回は、さばの竜田揚げを作りました。こちらのレシピは味つけ不要で、素材のおいしさを存分に引き出してくれます。

揚げたてをサクッといただきました。ジューシーで肉厚なさばの身からは、極上の水脂があふれ出んばかり。程よい塩加減で何もつけなくても、十分旨みを堪能できました。お好みでレモンを絞ると、爽やかな味わいになるのでおすすめです。

詳しいレシピはこちら(macaroni動画)

味噌煮缶

Photo by macaroni

続いては、味噌煮をご紹介します。こちらに使われている仙台味噌は、100年以上の歴史を誇る老舗醸造メーカー「ヤマカノ醸造」による逸品。脂ののった大ぶりなさばの旨みを引き立たせるためだけに作られた、極上の味噌です。

見るからに濃厚そうな仙台味噌に埋もれている大ぶりのさば。そのまま食べると味噌の甘くて濃い味わいと、さばの凝縮された旨みがあいまって絶品です。さばの身は柔らかくてしっとりとした食感で、これだけでも十分おいしくいただけます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ