無料の会員登録をすると
お気に入りができます

初詣デートで行くならココ!「縁結び」にご利益のある東京の神社5選[2019年]

旅行・おでかけ

【府中】武蔵の国を守る神様は、実は縁結びで知られる出雲の大国主大神と同じ「大國魂神社」

京王線・府中駅から歩いてすぐのところにある「大國魂(オオクニタマ)神社」は、1900年以上の歴史をもつ古社。ケヤキ並木の参道をはじめ、緑豊かな境内は府中市民の憩いの場でもあります。

お祀りされている大國魂大神(オオクニタマノオオカミ)は、縁結びで知られる出雲大社の大国主神(オオクニヌシノカミ)と同じ神様。東京や埼玉、神奈川県の一部は、かつては武蔵国と呼ばれていましたが、この武蔵の国を開いた神様です。人々に衣食住の道や医療を教えた神様で、縁結びや厄除け、厄払いの神様として崇敬されてきました。

そんな大國魂神社にお参りしたら、いただいて帰りたいのが「縁結び貝守り」(500円)です。二枚貝は対になっている二枚の貝の形や大きさがぴったりと合っているもの。想い人と二枚貝のように対になりたいと願う女子にオススメです。

大國魂神社

住所:東京都府中市宮町3-1
電話番号:042-362-2130
最寄駅:府中、府中本町

【赤坂】仲の良い夫婦神にあやかりたい「赤坂氷川神社」

赤坂・六本木のような都心部にありながら緑豊かな「赤坂氷川神社」は、天暦5(951)年に創祀されました。いまの社殿は8代将軍・徳川吉宗が造営したものです。

素盞嗚尊(スサノオノミコト)と妻・奇稲田姫命(クシナダヒメノミコト)の夫婦神をお祀りしていることから、縁結びのご利益があるとして崇敬されてきました。毎月1回境内で行われる「縁むすび参り(良縁祈願祭)」も人気を集めています。

結び文を型どった「縁結御守」(500円)は水色とピンク色の2種類。神社がこの地に鎮座する前からこの地を見守ってきた、樹齢400年を超えるイチョウのご加護がいただけるようワンポイントで葉も描かれています。

もうひとつ、珍しい縁起物もご紹介。

“やかん”の形をした「やかん鈴」(400円)は「幸福を沸かす、幸福を注ぐ」という由来をもつ珍しい鈴の根付。2019年の幸運を沸かせられるよう、縁結びのお守りと一緒にいただいてみては。

赤坂氷川神社

住所:東京都港区赤坂6-10-12
電話番号:03-3583-1935
最寄駅:赤坂、六本木一丁目、六本木、溜池山王

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ