無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「痩せにくいカラダ」を「痩せやすいカラダ」に変える3つの方法とは?

美容

「以前ならすぐ痩せられたのに、だんだん痩せにくくなった…」という声をよく耳にします。
そこで今回は、そのような方のために「痩せやすいカラダ」に変える方法を3つお伝えしたいと思います。

なぜ年齢とともに「痩せにくくなる」のか?

それではなぜ以前は簡単に痩せられたのに、だんだん痩せにくくなっていくのでしょうか。

年齢とともに痩せにくくなる理由として、基礎代謝の低下が挙げられます。

「基礎代謝」とは、呼吸や血液の循環、細胞の新陳代謝、体温の維持など生命活動維持のために使われるエネルギーのことです。

基礎代謝は、一日の総消費エネルギー量の約70%を占めています。そのため基礎代謝が低下してしまうと消費エネルギー量も減少してしまうことになるため、痩せにくくなると言えます。

bybirth.jp

基礎代謝が低下してしまう原因とは?

このように痩せにくくなる背景には、基礎代謝低下による消費エネルギー量の減少が考えられます。その基礎代謝の低下を招く原因として考えられるのが、筋肉量の減少です。

筋肉には「力を発揮して運動を起こす」という働き以外にも、「体熱を作り出す」というそれもあります。実際、体熱の40%が筋肉で作り出されていると言われています。

筋肉量が減少してしまうと、この体熱産生能力も低下してしまうことになります。すると体温が下がってしまうので、基礎代謝も低下してしまうことになるのです。

bybirth.jp

基礎代謝を上げて「痩せやすいカラダ」に変える3つの方法

ここからは、基礎代謝を上げて「痩せやすいカラダ」に変えるにはどうしたらよいのか、その方法についてお伝えしていきましょう。

先ほどお伝えしたように、基礎代謝低下を招く原因として考えられるのが「筋肉量の減少」です。そのため、基礎代謝を上げるには筋肉量を増やすことが必要と言えます。

筋肉量を増やす方法として真っ先に「筋トレ」が思い浮かびますが、残念ながら筋トレだけでは不十分です!筋肉量を増やすためには、筋トレと合わせて「食事」、そして「休養」という3つのアプローチが必要となります。

1:筋トレ

筋肉量を増やすポイント

筋トレで筋肉量を増やすには、強度設定がポイントとなります。10回前後反復可能な強度で、合間に1分間の休憩を入れながら3~6セットに設定して筋トレを行うようにします。

中程度の強度で、セット数多めで、セット間の休憩を短めにして筋トレを行うことで、血液中に乳酸が蓄積されるようになります。すると、筋肉の成長を促す「成長ホルモン」が分泌されるようになるからです。

bybirth.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ