無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「間食を摂ると太る」は間違い!?ダイエット効果につながる「間食の摂り方」のポイント

美容

「間食したいけど太るのでは…」なんて思っていませんか?実はその考え、間違いです!むしろ痩せたいのならば、間食を上手に摂るべきです。
それでは、痩せるためにはどういった点に気をつけて間食を摂ればよいのか、詳しくお伝えしたいと思います。

なぜ間食を摂らないと太りやすくなるのか?

「間食を摂ると太る」というイメージが強いですが、むしろ間食を摂らない方が太りやすくなると言えます。その理由として、2つ挙げることができます。

理由1:「過食」になりやすくなるから

間食を摂らないということは、空腹状態が長くなるということです。空腹状態が長くなると、つい食べすぎてしまいやすくなります。

するとカロリーオーバーになってしまうため、摂りすぎて余ってしまったエネルギーは、脂肪細胞に「中性脂肪」として蓄えられてしまうことになります。

bybirth.jp

理由2:筋肉量が低下し、「基礎代謝」の低下を招いてしまうから

空腹状態になるとカラダにエネルギーが入ってこなくなるので、カラダは筋肉を分解してまでエネルギーを作り出そうとします。そうなると筋肉量が低下してしまうため、基礎代謝の低下を招いてしまうことになります。

基礎代謝は一日の総消費エネルギー量の約70%を占めているので、基礎代謝が低下してしまうと消費エネルギー量が減少してしまい、「太りやすいカラダ」になってしまうと言えるのです。

bybirth.jp

「間食」を選ぶ際に踏まえておきたい5つのポイント

間食を摂らないと過食になりやすい上、筋肉量の低下を招いてしまうため、太りやすくなると言えます。

しかし、だからといってやみくもに間食を摂ればよいというものではありません!

間食をダイエット効果につなげるには、「何を食べるべきか」という間食の選び方がポイントとなります。ここで「間食を選ぶ際に踏まえておきたいポイント」を5つお伝えしていきましょう。

ポイント1:「200kcal以下」のものを選ぶ

脂肪の蓄積を防ぐためには、間食は200kcal以下に抑えるとよいとされています。ちなみに「ショートケーキ」100gで、約300kcalもあると言われています。

bybirth.jp

ポイント2:「オリゴ糖」入りのものを選ぶ

「オリゴ糖」とは、単糖が2~10個結合した少糖類のことで、オリゴというのはギリシャ語で「少ない」という意味があります。オリゴ糖を摂ることで善玉菌を増やすことができ、腸内環境を正常に整える効果が期待できます。

オリゴ糖には、「消化性」のものと「難消化性」のものとがあります。難消化性のオリゴ糖は、消化酵素ではほとんど分解されず、消化・吸収されないまま大腸まで届きます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ