無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30代以降は“体重”よりも“内臓脂肪”を意識して!効率よく“内臓脂肪”を減らす食事法

美容

ダイエット中はどうしても「体重」を意識しがちですが、特に30代以降は「内臓脂肪」に着目してダイエットに取り組むのがおすすめです。
内臓脂肪を減らす意義や、内臓脂肪を減らす食べ方についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

“体重”よりも“内臓脂肪”を意識すべき理由

bybirth.jp

ダイエット中は、体重が減ったかどうかを気にする人が多いかと思います。しかし、実は体重よりも“内臓脂肪”に注目したいところ。

というのも、内臓脂肪は生活習慣病と関係が深いからです。

内臓の辺りに蓄積する脂肪は、代謝が活発であるため、血中の脂質濃度を高めてしまいます。さらに、インスリンの働きを悪くしたり、血圧を上げる物質を分泌するなど、体に良くない影響を及ぼします。

その結果、糖尿病や高血圧、メタボリックシンドロームなどの病気を引き起こしやすくなります。

特に30代以降は、基礎代謝が落ちて痩せにくくなることが多いかと思います。若い頃と同じ様に食事をしていては、内臓脂肪が増えて体重が増える、というケースも少なくありません。

健康的にダイエットするために、体重よりも内臓脂肪を意識して落とすことがすすめられます。

内臓脂肪が増える原因

食事で摂取した糖質・脂質がエネルギーとして使用されないと、肝臓で「中性脂肪」に変えられて、内臓脂肪として胃や腸の周りなどに蓄積されてしまいます。

内臓脂肪は、蓄積しやすい反面、減らしやすいという特徴をもつため、工夫して食事をすると効果があると考えられます。

内臓脂肪を減らす食事法

内臓脂肪を減らすのに効果がある食事法について、ご紹介します。

夜遅くに食事をしない

bybirth.jp

日中に比べて、夜遅い時間は活動量が減り、エネルギーを消費しにくくなります。加えて、最近の研究では、体内時計に関係するタンパク質の一種である「BMAL1(ビーマルワン)」によって、夜遅い時間の食事は、体に脂肪を蓄積させやすくすることが分かっています。

BMAL1は夜21時以降に増えるため、21時以降の食事は控えるようにしましょう。

主食は玄米や雑穀米にする

bybirth.jp

余分に摂取した糖質は、体脂肪として蓄積されます。そのため、主食は食物繊維やビタミンB1などの栄養素が豊富な「玄米」や「雑穀米」に置き換えるのがおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ