無料の会員登録をすると
お気に入りができます

許されない恋、胸熱お仕事ムービー...オトナ女子の心に刺さる!5月映画をピックアップ

エンタメ

心がぎゅーっとなる新作映画を集めました!

©️2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

5月の新作映画はとても豪華!許されぬ恋や白熱お仕事ムービー、そして美しい映像にも心が奪われる...そんなオトナ女子の心がぎゅーっとなるような素敵な作品を、公開日順にご紹介します。

さらに、ロカリ映画部イチオシの映画を記事後半で取り上げているので、あわせてチェックしてください♡

『流浪(るろう)の月』5月13日(金)公開

本屋大賞受賞の傑作小説 広瀬すず×松坂桃李で映画化

(C) 2022「流浪の月」製作委員会

2020年の本屋大賞を受賞した「流浪の月」を、『悪人』『怒り』の李相日監督により、広瀬すずさんと松坂桃李さんのダブル主演で映画化。撮影監督には、『パラサイト 半地下の家族』『バーニング 劇場版』などを手がけた韓国映画界のレジェンド ホン・ギョンピョ氏を迎えている、注目の話題作です。

(C) 2022「流浪の月」製作委員会

横浜流星さんや多部未華子さんら主演級が揃う贅沢な配役も見どころですが、それぞれの圧巻の演技に脱帽すること間違いなし。切なさ、甘さ、激しさ、脆さ...様々な感情が押し寄せる渾身の物語を、美しい映像とともに堪能してください。

あらすじ

(C) 2022「流浪の月」製作委員会

雨の夕方の公園で、10歳の家内更紗(白鳥玉季)はびしょ濡れになってた。世話になっている叔母の家に帰りたくない更紗に対し、「うち、来る?」と19歳の大学生・佐伯文(松坂桃李)が声をかけたことから、二人の共同生活が始まった。とびきり自由で開放的な日々を送る更紗だったが、ほどなく文は誘拐罪で逮捕されてしまう。

(C) 2022「流浪の月」製作委員会

それから15年後。“傷物にされた被害女児”とその“加害者”という烙印を背負ったまま、更紗(広瀬すず)と文は再会する。しかし、更紗のそばには婚約者の亮(横浜流星)がいた。一方、文のかたわらにもひとりの女性・谷(多部未華子)が寄り添っていて...。

予告編をチェック!

キャスト・概要

広瀬すず 松坂桃李 横浜流星 多部未華子 趣里 三浦貴大 白鳥玉季 増田光桜 内田也哉子 柄本明 ほか

公開日:5月13日(金)全国ロードショー
原作:凪良ゆう「流浪の月」(東京創元社刊)
監督・脚本:李相日
配給:ギャガ

記事に関するお問い合わせ