無料の会員登録をすると
お気に入りができます

松坂桃李 小さい頃の夢を語るも「泣きながら捨てました」 『流浪の月』大ヒット御礼舞台挨拶

エンタメ

『流浪の月』大ヒット御礼舞台挨拶を開催

©2022「流浪の月」製作委員会

現在公開中の映画『流浪の月』の大ヒット御礼舞台挨拶が5月24日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催され、キャストの広瀬すずさん、松坂桃李さん、横浜流星さん、多部未華子さん、李相日監督が登壇しました。

広瀬すず 「『流星くんのことを嫌いになりかけた』と言われて...」

©2022「流浪の月」製作委員会

映画が公開され、周りからたくさん連絡をもらったという広瀬すずさん。「過去イチ多く連絡をもらいました」というコメントに続け、「『流星くんのことを嫌いになりかけた』と言われることもありました」と明かします。

©2022「流浪の月」製作委員会

それに対し、横浜流星さんは「嬉しいです。でも、(役の亮は)僕ではないので嫌いにはならないでください!」と会場の笑いを誘う場面もありました。

子供の頃やりたかったけどできなかったことは...?

松坂桃李、漫画家を目指していた!?

©2022「流浪の月」製作委員会

続いて、映画の中での更紗(少女時代の)の“夕飯にアイス”を巡るエピソードにちなんだ「子どもの頃、やりたいけど周りに反対されてできなかったこと、反対されそうで言い出せなかったことは?」という質問に、松坂桃李さんは「漫画家になりたかった」と回答します。

意外な回答に会場が驚く中、「小学生の頃、模写とか景色をずっと書いていたりしていました。自分の机に溜め込んでいたんですが、姉に見つけられて。姉に『絶望的に下手くそだね』と言われ、漫画家になる夢を捨てました」と告白。ノートは「泣きながらゴミ箱に入れました」と哀しい思い出を明かしたのでした。

ケーキバイキングの話で盛り上がる場面も

©2022「流浪の月」製作委員会

多部未華子さんの回答は「ケーキバイキング」。「小っちゃい頃に行きたかったけど行けなくて、大人になったら体型とか気にしちゃうので行けなくて…」と話します。

それに対し、広瀬すずさんは「当時、スイーツパラダイス流行ってましたよね。スイパラ!」とコメント。松坂桃李さんと横浜流星さんは「スイパラ!?」「当時知らなかったです」と話し、“スイパラ”というキーワードで盛り上がりを見せる場面もありました。

松坂桃李「このチームでできたことが、僕の一番の宝物」

©2022「流浪の月」製作委員会

最後の挨拶では、横浜流星さんも松坂桃李さんも「周りからの連絡がすごかった」と話します。

記事に関するお問い合わせ