無料の会員登録をすると
お気に入りができます

着古した「フリース」捨てたら損!洗剤なしでおうちがキレイになる"フリース掃除術”

ライフスタイル

あっという間にサイズアウトした子ども服や、自分が着古した洋服など、捨てようと思っている服はありませんか? もしその中に、着古したフリースの洋服があるなら、捨ててはもったいないですよ! 実は家中の掃除に使えるスグレモノなんです。

フリース素材の服を捨てようとしていませんか?

stock.adobe.com

サイズアウトしてしまった子ども服や着古した服などは、友人に譲ったり、リサイクルに出したりする方法もありますよね。ただ、どうしても汚れがあったり穴が開いたりして人に譲れない洋服は、捨ててしまうことも多いかもしれません。そんな捨てようと思っている服の中にフリースがあったら、捨てる前にもう1回活用してみませんか? ママ友が教えてくれたフリース素材を使った掃除方法を試してみたいと思います。

フリース素材は掃除に最適

フリースはポリエステルが主な素材で作られています。そのポリエステルは、静電気が起きやすいという特徴があるため、静電気で髪の毛やほこりを集めてくれるので、拭き掃除にぴったりなんです。

今回はこちらのフリースを使って試してみます。

準備

まずは掃除に便利な形に切っていきます。手の部分は、腕の部分をカットします。

胴の部分も掃除に使いやすい大きさに切ります。

テレビやパソコンなどの拭き掃除に

すぐに埃が溜まるテレビやパソコン、棚などの拭き掃除には、フリースの腕の部分を手にはめて、グローブの形で使うと掃除がしやすいですよ。

埃がつきやすいパソコン周りなどを軽く拭くと、フリースにたっぷり埃がつきキレイになりました。

フロアワイパーにつけて床掃除に

床の埃取りには、市販の掃除用具を使います。フロアワイパーのシートを挟むところに、適当な大きさにカットしたフリースをはめれば、簡単に床のスミに溜まった埃を取ることができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ