無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コンパクトでも大容量!エコな素材にも注目のシンプル財布&バッグ

ライフスタイル

長年革財布を専門に作ってきたメーカー、ナダヤが環境のことを考えて生み出したブランド「pinamore(ピニャーレ)」。実はこちら、パイナップルの皮をメインにした素材でできています。天然素材ならではの味わいのある表情と軽やかな印象が新鮮な財布やバッグなどの小物にぜひ注目してください。

革財布メーカーが革から離れて生み出した、サステナブルな財布

大阪に拠点を置く革財布メーカー、ナダヤ。1960年の創業以来、「革の未来を創造する」をコンセプトに、財布をメインにさまざまな革製品を製作し続けています。

昨今、「SDGs」という言葉が普及し、持続可能な開発目標に向けた動きが活発になる中、
ナダヤも自分たちに何が出来るのかを考えていました。そして踏み出したのは、あえて革から離れてみるという一歩。使うものを少しずつエコなものに変えていきたいという人にも手に取ってもらえる、新たな製品を生み出したのです。

それが「pinamore(ピニャーレ)」というブランド。
革の代わりに採用されているのが、「ピニャテックス」という天然素材です。主に、用途がなく捨てられていたパイナップルの葉から取り出した繊維と、トウモロコシなどに含まれる、自然に還る素材PLA(ポリ乳酸)でできています。そこに、水に強いポリエーテル系ポリウレタンを少量混ぜ、耐水性を持たせてあるそう。
そんなピニャテックスで作られる財布などの小物は、天然素材ならではの柔らかい風合いと、繊維の浮かび上がりによる色むらなど、ほかにはない個性のあるものとなっています。

使いやすさを追求したシンプルな長財布

こちらは、ピニャテックスでできた長財布。表面はフラットで、パイナップル由来の自然な素材感やその手触りを存分に楽しめるアイテムです。見た目が軽やかで、実際に革よりも軽量で身軽に持ち歩くことができます。

裏面にはポケットがあり、そのファスナーがデザインのポイントに。カラーはナチュラルなホワイトやブラウンのほかに、赤とオレンジの中間のようなパプリカなど、明るくて目を引くアクセントカラーも含め6色あります。

内部の構造は、ナダヤが使いやすさを追求して作ったというロングセラーの革の長財布と同じ。L字型のファスナーを開くと、中央に小銭入れになる大きなポケットがあり、そのサイドにお札を入れられます。さらにその側面には計12ヵ所ものカードポケット付き。小銭もお札もカードもたっぷり入り、すべてを上から眺めてパッと取り出すことができます。
外側のファスナー付きポケットも大きめで、小銭やよく使うカード、鍵はもちろん、短めのペンなども収納可能。シンプルで使いやすい長財布です。

パイナップルから作られた長財布
カラー:ホワイトナチュラル/ブラウン/パプリカ/チャコールブラック/インディゴブルー/オールドローズ
各16,500円(税込)

小さくても収納力があるミニ財布

ナダヤでは長財布が長く人気を博してきましたが、「小さい財布も欲しい」という声にも応えてきました。新しくできたこのピニャテックスの財布でも、その希望を受けたミニサイズを展開。カラーは長財布と同じ6色です。

こちらもL字ファスナーですが、開くと左側に段差がついたカードポケットが4つ、右側にボックス型に大きく開く小銭入れがあります。その後ろ側に仕切り付きのお札入れがある、スタンダードな二つ折り財布に多い仕様。
ですが、お札入れとカードポケットまたは小銭入れの間に、計3つの隠しポケットがあり、全部で7ヵ所もカードをしまえる場所があります。サイズは小さめでもしっかり収納力を備えた一品です。

パイナップルから作られた二つ折り財布
カラー:ホワイトナチュラル/ブラウン/パプリカ/チャコールブラック/インディゴブルー/オールドローズ
各14,300円(税込)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ