無料の会員登録をすると
お気に入りができます

雨の日に行きたい!緑鮮やかな絶景を見渡せる「庭園カフェ」3選

旅行・おでかけ

梅雨の時季は屋内でゆっくり過ごしたい・・・そんなときは店内から緑鮮やかな絶景を見渡せる庭園カフェで過ごすのはいかがでしょうか。全国1,000軒以上のカフェを取材している文筆家・喫茶写真家の川口葉子さんが、新緑の季節にわざわざ訪れたくなるスポットを3つご紹介します!

【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう
・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう
・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう
・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう
・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

【六本木】雨の日は緑がより鮮やかに!美術館併設のカフェ/HARIO CAFE 泉屋博古館東京店

2021年10月1日、コーヒーの日にオープンした「HARIO CAFE泉屋博古館東京店」が、初めての青葉と雨の季節を迎えようとしています。
美術館「泉屋博古館東京(センオクハクコカントウキョウ)」に併設されたHARIO CAFEの魅力は、緑あふれる美しい環境とコーヒーの美味しさ。スペイン大使館やスウェーデン大使館に囲まれ、落ち着いた空気が漂うその一角は、文字通り都心のオアシスなのです。

耐熱ガラスメーカーのハリオは、多くのカフェや家庭で愛用されるコーヒードリッパー「HARIO V60」をはじめ、数々のコーヒーツールを世に送り出してきました。このカフェでは、ハリオ製の器具で淹れたコーヒーや紅茶がいただけます。
今回は、家庭ではなかなか淹れて飲む機会のないサイフォンコーヒーを注文しました。コーヒー豆は浅煎りから深煎りまで4種類。船橋のPHILOCOFFEA(フィロコフィア)、名古屋のQ.O.L COFFEE(キューオーエルコーヒー)など、日本各地のスペシャルティコーヒーロースターから豆を仕入れています。
「サイフォンで淹れると、淹れたての熱々の香り立ちから、温度が下がってボディ感や甘みが際立つ風味まで、温度変化につれて味わいの変化が楽しめます。時間の結晶のようなコーヒーなんです」と、店長の松尾さんがそんな素敵な言葉を聞かせてくれました。

窓は全面ガラス張りで、どの席に座っても最高の眺めを満喫できます。
「昨年の秋から冬にかけては紅葉、今年の春は桜の景色をお客さまに楽しんでいただけたようです」と店長さん。季節ごとにさまざまな小鳥や虫たちもやって来て、ウグイスやセミ、鈴虫の鳴き声が聞こえるのだそう。

「雨の日は人通りが少なく、いつもと少し違う雰囲気になります。静かで、緑が鮮やかに見えます。そんな日のカフェが好きだというお客さまもいらっしゃるんです」(店長さん)
雨上がりに日が射してくると、濡れた葉っぱがきらきら光ってとても美しいといいます。そんな場面に遭遇してみたいですね。
ゆっくり過ごしたいなら、開店直後から13時くらいまでの時間帯がオススメ。店内にはコーヒー器具やハリオのガラス製アクセサリーの販売コーナーも設けられています。

HARIO CAFE 泉屋博古館東京店

所在地
東京都港区六本木 1-5-1
最寄駅
六本木一丁目
電話番号
03-6441-2040

【表参道】しっとりと濡れた苔庭の眺めが非日常へと誘う/茶洒 金田中

表参道のケヤキ並木に面したビルの中に、雨の日でも豊かな時間を過ごせるカフェが隠れています。料亭「新ばし 金田中」が手がける「茶洒 金田中(サーシャ カネタナカ)」。しっとりと濡れた苔庭の眺めが、訪れる人の心を非日常へと誘います。

ビル左手の大階段を上って、カフェのある2階へ。現代美術家として世界的に名高い杉本博司氏がデザインしたエントランスは、まるで美術館のような趣です。
頭上に輝く銀色の巨大な数理模型は、3次関数の数式を象った杉本博司のアート作品。その先端は地表に向かってどこまでも延びていき、目には見えないけれども地球の内部を貫通してブラジルに到達するのだそう。

階段を上がりきると苔庭のふかふかした緑に迎えられました。
カフェの客席には無垢材の長いカウンターが2列。奥のカウンターは一段高く設計されており、映画館の客席を思わせますが、これは映画のスクリーンのように苔庭を眺めながらお茶や軽食を楽しむという趣向なのです。
クロモジの垣根と鉄平石に囲まれた庭に、四季折々の雨はどんな物語をもたらすのでしょうか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ