無料の会員登録をすると
お気に入りができます

充電ケーブルの“ごちゃついた見栄え”から解放!ダイソーの「コンセント収納ボックス」とは

100yen

整理収納アドバイザーのkazukoです。スマートフォンやタブレットなどの、電子機器の充電ケーブルの収納はどうしていますか? そのまま置いてしまうと、どうしてもごちゃついて見えて、生活感が出てしまいますよね。使い勝手よく、スッキリ収納するにはケーブル用の収納ボックスの活用がおすすめです。今回紹介するのは、ダイソーの『組立式コンセント収納ボックス』。高見えするケーブル収納ボックスが、100円ショップで手軽に手に入るのは嬉しいですよね。他にも配線をスッキリ収納するのに、便利なアイテム3選をご紹介します。気になった方は店頭でチェックしてみてください。

【ダイソー】『組立式コンセント収納ボックス』 220円

床や棚の上にあるケーブル類は、掃除の邪魔になりますし、埃もたまりやすいので困りもの。せっかく部屋を整えても、ごちゃついた印象になり生活感がどうしても出てしまいます。そんな生活感を隠して、ケーブルを整えるには、ケーブル収納がおすすめです。

ダイソーの組立式コンセント収納ボックスは、プリント紙化粧MDFを組立てつくるコンセントやケーブルを収納できるボックスです。サイズは23×14×10cm、30×14×10cmの2種類で、カラーはホワイトとブラックと木目調の3種類。今回ご紹介するのは、サイズは30×14×10cmで、カラーはホワイトです。

棚板を組み立てて、シリコンゴムで固定する仕様になっています。組み立てはとても簡単で、説明書きの図が示す順番と、板の番号に従って、くぼみにはめ込んで、組み立てていきます。特に工具なども必要ありません。

1つの板を組み立てるたびに、付属の輪ゴムで固定していきます。

天板は乗せるだけの仕様になります。サイドに3つの穴があるので、ケーブルの出し入れもスムーズです。

これまでも、100円ショップにケーブル収納ボックスはありましたが、プラスチック製で、お値段相応のデザインのものでした。この組立式コンセント収納ボックスは、素材がプリント紙化粧MDFなので、高見えするデザインで、とてもシンプルなのでインテリアにもなじみやすいです。カラーが3色から選べるので、インテリアに合うカラーをチョイスできるのも嬉しいポイントです。

【ダイソー】『面ファスナー配線ベルト』 110円

配線をそのまま収納ボックスに入れると、絡まってごちゃついてしまうので、配線ベルトを活用してまとめてからボックスに入れると、さらにスッキリと使いやすくなります。ダイソーの『面ファスナー配線ベルト』は、マジックテープ式になっていて、好みの長さに自由にカットして使えるので、使い勝手がよくおすすめです。

【ダイソー】『Ⅼ型プラグ』 110円

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ