無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マンションの布団収納どうしてる?片づけのプロが教える「布団収納術」3選

インテリア

整理収納アドバイザーの鈴木久美子です。そろそろ冬用の布団をしまう季節ですね。戸建てにお住まいの方や、押し入れサイズの大きい収納がある方は布団を収納するスペースを確保できますが、コンパクトなマンションライフだと布団をしまう場所がない、というお悩みが多いです。我が家の収納事例も含め、どうやって冬用布団をしまうかについてご紹介します。

冬用布団の収納、どうしてる?

私は日々、収納や片付けに悩む皆さんのご自宅にご訪問し、整理収納をサポートしています。

私がマンション暮らしということや、住んでいる地域的に、マンション暮らしの方からのご依頼が多いです。

とても素敵なマンションにお住まいでも、布団収納の場所がどう考えても無理な間取りもあります。押し入れや納戸がない場合、来客用の布団や、季節外の冬用の布団はどこに収納すればいいのでしょうか?

収納ケースを用意

来客用布団はないとしても、冬用の布団を家族分しまっておくだけで、かなりのスペースが必要です。

まずは布団をスッキリと収納するケースを用意しましょう。

一般的には、布団圧縮袋などを使われている方が多いです。ですが、羽毛布団は基本的に圧縮するのはよくない、という事もありますし、布団が圧縮された状態があまり好きでない方もいると思います。

我が家が使っているのは、定番人気商品のIKEAのSKUBBです。

サイズが3種類あり、私が使っているのは小:44×55×19cm(画像左)と、中:69×55×19cm(画像右)の2つのサイズです(さらにこれより大きいサイズがあります)。

お使いの布団のボリュームにもよりますが、小にシングルサイズ、中にダブルサイズの布団が入ります。

我が家では小サイズには毛布を収納しています。

ベッド下収納の活用

収納スペースが少ない場合はベッド下の収納スペースを活用することも検討しましょう。

ホコリが気になる、という方もしっかりとケースに入れていればホコリは防げます。

もちろん、ベッド下はホコリや湿気も気になる場所ではあるので、除湿剤や防虫剤を一緒に入れ収納するようにします。

私は、子どもたちの布団は丸洗い、乾燥までできる物なので、布団ケースに入れてベッド下に収納しています。

この布団ケースは、布団を購入したときのケースですが、ベッド下スペースにピッタリだったのでそのまま活用しています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ