無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「自分から声をかけてみたら?」ではダメだった。友達のいない子どもに親ができること

子育て

臨床心理士・公認心理師のyukoです。新学期が始まり、学校に馴染めてきた子もいれば、上手く馴染めず困っている子も多いのではないでしょうか。勉強や運動と一緒で、友達との付き合い方にも得意・苦手はあります。友達作りに悩む子について考えていきます。

友達作りの難しさ

大人になっても、人との関係を良好に維持するのは難しいですよね。
ママ友トラブルや職場での人間関係など、コミュニケーションの悩みは尽きません。

子どもの世界でも、友達が作れない、関係を維持できない理由は様々。
どうして友達作りが上手くいかないのでしょうか。

仲間に入ろうとしない

「仲間に入ろうとしない子」は、一見、一人遊びが好きで人と関わりたくないようにも見えます。
大人(親や先生)と離れるのが不安、体力や気力が不足している、友達に傷つけられた経験がある、などの要因もあるかもしれません。

www.photo-ac.com

仲間に入るためのフォローが得られないと、「友達なんかいなくてもいい、必要ない」という考えが膨らんでいくことも。

友達をちらっと見ていたり、友達の輪を気にかけている子には、「友達と楽しく遊ぶ経験」をさせてあげるのが大切です。

輪に入る方法がわからない

友達から声をかけられたときに、行動を起こす勇気が出ずもじもじしてしまう。
どうやって答えてよいか、迷っている間に友達が離れていってしまう。

仲間に「入りたくても入れない子」もいます。

www.photo-ac.com

子どもは、自分のアプローチに対して、積極的に反応してくれる子を好む傾向があります。
また、積極的にアプローチできる子は、相手からもアプローチされやすくなるんです。
アプローチをする・されるの成功体験が重なると、友達との関わりが好きになり、さらに積極性が増していくもの。

一方、その循環に入り損ねると、取り残されてしまう子もでてきますよね。

親や先生とロールプレイをしたり、ままごとの中で練習をして、実践につなげられるとよいでしょう。

仲間から避けられる

友達への関心はあるし、自分から話しかけられても、避けられてしまう子もいます。

悪気はなくても人の嫌がることを口にする。
昨日と今日で違うことを言う。約束を守らない、秘密をばらす、悪口を言う。
デメリットの大きい行動をしてしまうのが原因になりえます。

自分勝手な行動が多かったり、なんでも「自分が一番」の子も友達が作りにくいです。

stock.adobe.com
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ