無料の会員登録をすると
お気に入りができます

植物とレイアウトのルールで緑に満たされていく部屋。1K・30㎡一人暮らしのインテリア[私らしく暮らす]

インテリア

初めての一人暮らしをきっかけに植物を育て始めたというmikkoさん。住み始めて1年半ほどで植物の魅力に惹かれあっという間に住まいは緑溢れる空間になっていました。大好きな植物の存在感が光るお部屋づくりの工夫についてお話を伺ってきました。

おいしくて手軽な《野菜をMOTTO》のスープで、おうちカフェタイム

植物を楽しめる窓際

mikkoさんがはじめての一人暮らしに選ばれたのは、間取りを主な条件に検索し、コンクリート打ちっ放しの壁に一目惚れしたお部屋。

「住まいに廊下が欲しかったのと、玄関入ってすぐにキッチンがあるような部屋は選びたくないという思いがありました。ネットで見つけた今のお部屋は、無機質な空間をどう自分らしくしていこうかワクワクしましたね」

一人暮らしと合わせて住まいに置きたいと考えられていたのが植物。ただ最初は今ほどたくさん育てる予定はなかったのだそう。

「どんな部屋でも1つは植物を置けたらと思い、住む前から買っていました。ただ実際に植物を育ててみると、どんどんその魅力にハマってしまって、こんなことならもっと日当たりの良い住まいを選べば良かったとも思うようになりましたね (笑)」

今では35種類ほどの植物を住まいで育てられているmikkoさん。住まいの中でも多くの日が入る窓際の空間も、今では植物のためのスペースとして活用されていました。

「住み始める前に掲示板アプリで見つけた木製の棚が大活躍してくれています。そもそもは植物のためでなく、その質感が気に入って手に入れたのですが、今では植物を飾る上で無くてはならないものになっていますね」

たくさんの植物を育てられているmikkoさん。植物はどのように選ばれているのでしょうか。

「家の中での日の量が限られてしまっている分、耐陰性のあるものかどうかはチェックするようにしています。その上で、シルエットに心惹かれることが多いですね」

「また特定のお店で買うというよりは街を歩いている中で、気に入ったものを見つけた時に購入し、そのまま持って帰っています。植物は、部屋をおしゃれに見せてくれることもそうですが、新しい芽が出たり、葉が大きくなったり、日々成長する姿にとても癒されるのでオススメです」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ