無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「体に良い」ってどんなもの?食事でできる30代からの「インナーケア」の基本

美容

30代以降は、肌や髪、体調などに変化を感じることが多いかと思います。スキンケアなども重要ではありますが、毎日の食事から必要な栄養素を補い、“体の内側”から対策するのがおすすめ。
インナーケアにおすすめの栄養素や食材を5つ、ご紹介しています!

“インナーケア”とは?

bybirth.jp

美容を意識する際によく耳にする“インナーケア”という言葉。

インナーケアとは、

・栄養バランスがとれた食事
・適度な運動
・しっかり睡眠をとる

ことによって、生活の質を高めて、体の内側から“キレイ”を目指すこと。

では、インナーケアはなぜ大切なのでしょうか?スキンケアだけではダメなのでしょうか?

例えば、肌については、スキンケアをおこなうことで、美しく保つこともできますよね。しかし、表皮についてはそれでOKですが、季節の変化や環境など、外からの要因で肌のバランスを崩しかねません。

肌は、体内に吸収された栄養素や酸素をもとに、角質細胞が正常に育つことができます。そのため、毎日の食事で肌の内側からアプローチして、健やかな角質細胞をつくることで、外的要因にも強い肌をつくることができるのです。

食べたものが体をつくっていることは揺るぎない事実ですので、肌についてだけでなく、健康や美容において、“インナーケア”も意識して取り組むことをおすすめします。

インナーケアの基本!摂取するべき栄養素&食品とは?

抗酸化成分【アンチエイジング効果】

bybirth.jp

ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなど、抗酸化作用をもつ栄養素は、アンチエイジングに役立つ栄養素。30代以降は、10代や20代の頃と比べて、肌や髪などに変化を感じる人も少なくないため、抗酸化作用をもつ食材を摂取して、若々しさを保ちたいところ。

ビタミンCは、ピーマンやパプリカ、ブロッコリーなどの野菜類や、キウイやいちごなどのフルーツに豊富に含まれています。また、ビタミンEはアボカドやアーモンドなどのナッツ類に多く、ポリフェノールはブルーベリーやココアに多く含まれています。

ビタミンCやビタミンEは、一緒に摂取すると、相乗効果で抗酸化力が高まるといわれているため、ぜひ組み合わせて食べてみてくださいね。

酵素【消化を助ける・体の負担を減らす】

bybirth.jp

酵素とは、食べ物の消化吸収に関係する“消化酵素”や、体の機能に関係する“代謝酵素”、食べ物に含まれる“食物酵素”に分けられます。食物酵素を摂取することで、体内の酵素の消費を減らし、体の負担を軽くすることができます。

食物酵素は、トマトやパイナップル、キウイ、味噌、漬物など、新鮮なフルーツや野菜、発酵食品などに含まれています。酵素は、加熱すると壊れてしまうため、「生」の状態で食べることをおすすめします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ