無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美肌や腸活にも!栄養士がすすめる、「夜」に摂取するべき栄養素5選

美容

美容や健康に役立つ栄養素も、摂取するタイミングを意識すると、より効果的に栄養素のもつパワーを引き出すことができます。今回は、“夜”に摂取するのがおすすめな栄養素を5つご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

夜に摂取するのがおすすめな栄養素とは?

bybirth.jp

夜は、1日の疲れがたまる時間。疲れをとるために必要な栄養素を摂取することで、次の日からも健やかに過ごすことができます。

また、夜には「腸のゴールデンタイム」と呼ばれる時間帯があることから、腸活に役立つ栄養素を摂取したり、良い睡眠をとるために役立つ栄養素を摂取するのがおすすめ。

夜に摂取することで、疲労回復や美肌づくり、腸活に役立つ栄養素をご紹介したいと思います。

栄養士おすすめ!夜に摂取すると良い栄養素5選

リモネン(レモンなどの柑橘類)

bybirth.jp

リモネンとは、レモンやオレンジなどの柑橘類の皮に含まれる香り成分のこと。リモネンが体内に吸収されると、脳内でα波が出ることが分かっています。

α波は、リラックスしたときに出るものですので、リモネンを摂取することでリラックス効果が得られます。

寝る前は、1日の疲れやストレスが溜まっているかと思います。ストレスを感じると交感神経が高ぶって寝付きが悪くなるため、リラックスすることで副交感神経を優位にし、質の良い眠りをとりましょう。

リモネンは、柑橘類の皮を傷つけるなどして香りを立たせて嗅ぐだけでも効果が得られます。そのため、摂取する時間がない人でも、“香りを嗅ぐ”だけで良いため、手軽に取り組めるかと思います。

イミダゾールジペプチド(鶏肉)

bybirth.jp

イミダゾールジペプチドとは、鶏肉に多く含まれる、アミノ酸が2つ以上結合したペプチドと呼ばれる成分です。

イミダゾールジペプチドに特徴的なのは、疲労回復効果があること。体や精神の疲れが溜まっているということは、筋肉や脳の細胞で酸化ストレスが高まっており、活性酸素が過剰になっている状態です。

イミダゾールジペプチドには抗酸化作用があることから、活性酸素を取り除いて、疲れをとる働きがあるのだそう。さらに、疲労の原因物質の一つである“乳酸”の分解にも関与しているため、1日の疲れをとるのに役立ちます。

また、イミダゾールジペプチドには抗酸化作用があるため、アンチエイジングにも役立ちます。

鶏肉には良質なタンパク質が含まれていることからも、夜に食べることで寝ている間の美肌づくりにも役立つため、疲労回復効果だけでなく美容にも効果的といえます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ