無料の会員登録をすると
お気に入りができます

元パティシエ厳選!業務スーパー「エッグタルト」の思わぬサプライズににんまり

レシピ

エッグタルトといえば、サクサクの生地に濃厚なカスタードフィリングを詰めて焼いた、香港やポルトガルで昔から親しまれるお菓子。かつて日本でも一大ブームを巻き起こしたエッグタルトを、業務スーパーで発見しました。業務スーパーのエッグタルトには、実はうれしいサプライズが…♪

muccinpurin

どこか懐かしの味「エッグタルト」

Photo by muccinpurin

香ばしく焼かれた生地に、卵を使ったフィリングを入れて焼いた「エッグタルト」。

香港やマカオ、さらにはポルトガル名物として知られるエッグタルトが、業務スーパーでも販売されています。

ポルトガル直輸入のエッグタルトを、元パティシエの筆者が実際に食べてその味をレポートします♪

業務スーパーのエッグタルトはポルトガル風

Photo by muccinpurin

『エッグタルトチョコクリーム入り』462円(税込)

エッグタルトといえば、マカオや香港とポルトガルのものが有名です。

業務スーパーのエッグタルトは、ポルトガル風。ポルトガルと香港のエッグタルトには、ふたつの違いがあります。

ひとつは「土台がパイであること」。もうひとつは「フィリングの卵感が強くしっかりとしていること」です。もともとポルトガルにあったものが香港に伝わって、土台はタルトに、フィリングはやさしく焼いたフルフルタイプに独自の進化を遂げました。

Photo by muccinpurin

箱を開けると、直径7センチほどのアルミカップに入ったエッグタルトが出てきました。

個包装の袋はなくこのままの状態で入っているので、箱を開けた瞬間パイに使っているバターの香りが♪

Photo by muccinpurin

食べ方は「凍ったままのエッグタルトのアルミカップを外し、1200wのオーブントースター1個当たり約12分加熱」とあります。

さっそく予熱したトースターで焼いて、試食してみましょう♪

Photo by muccinpurin

焼きたてのエッグタルトは、カスタード部分のつやが増し、エッグタルトらしい卵のいい香りが漂います。

目で見てもパイがしっかりと層になっているのが確認でき、これはサクサクの予感……!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ