無料の会員登録をすると
お気に入りができます

『ポップUP』気象病には“あの食べ物”が良い?医師による解説に驚きの声

ライフスタイル

医師おすすめの意外な食べ物にスタジオからは驚きの声が上がりました。

17日放送の『ポップUP!』(フジテレビ系)では、気圧や気温など気象の変化に伴う体調不良「気象病」について特集。

対策として紹介されたある食べ物に、スタジオから驚きの声が上がりました。

■多くの人が悩まされている「気象病」

同日の放送では、専門の医師を招き「気象病」のメカニズムや対策について紹介。

天候の崩れによって発生する気圧の変化から自律神経が乱れることで起きる気象病は、めまいや体のだるさ、頭痛など体にさまざまな不調を起こし、とくに女性の患者が7~8割を占めるといいます。

さらに生理周期もある女性は、気象病と重なると、より不調を感じやすくなるとのこと。

最近では、台風の影響から気象病に悩まされる人も多く、医師によると「台風最接近の2日前」が最も症状が現れやすいといいます。そのため、最接近の2日前から、スマホの使用時間・飲酒量を減らし、睡眠時間を増やすことが対策として最適だそう。

■「耳まわりの血流を良くすることが大事」

また、症状改善のために医師イチオシとして紹介されたのが「耳の体操」。

放送では、左右の耳たぶ全体をつまみ、じっと5秒ほど押したらパッと離す「耳たぶじーパッ押し」、耳たぶの上側にある側面をつまみ、真横へ引っ張り5秒キープする「耳サイド引っ張り」、つまむ位置を上下にずらし、斜め方向へ対角に引っ張る「耳斜め引っ張り」、両耳の側面をつまみ、前後に大きく回してほぐす「耳ダイナミック回し」の4種類が紹介されました。

医師いわく、頭痛やめまいなどの不調改善には「耳まわりの血流を良くすることがとても大事」といいます。

ダノン オイコス 12個(プレーン加糖) 110g ヨーグルト【Amazonでチェック!】

■おすすめの食べ物は…

耳の体操に加え、気象病対策におすすめの食べ物として紹介されたのが「ヨーグルト」。

これには出演者から驚きの声が上がりますが、医師によると、腸の状態が整うことで自律神経が整い、その結果、気象病の症状の改善が期待できるとのこと。

また、気象病の症状で悩む女性は鉄分不足である場合も多いそうで、不足しがちな鉄分を補給する「レーズン」や、自律神経に作用する成分を含む「バナナ」を加えるのもおすすめだそう。

実際に、頭痛持ちだというお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明さんは、「何も知らずにヨーグルト食べてたら、頭痛がちょっと減ってきた」とも明かしていました。

脳と腸は密接な関係があるため、発酵食品は症状改善に重要とのこと。気象病に悩んでいる人は、取り入れてみては?

ダノン オイコス 12個(プレーン加糖) 110g ヨーグルト【Amazonでチェック!】
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ