無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なんだか部屋がごちゃついて見える人必見!プロが教える「部屋に統一感を持たせるコツ」4選

インテリア

整理収納コンサルタントの春名陽子です。部屋に統一感がなくごちゃごちゃ…こういうお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?私もかつてそうでしたが、モノの置き方や選び方を少し工夫するだけで統一感を持たせる事が出来ました。そこで今回は、部屋に統一感を持たせる為にやっていることを4つご紹介します。

①テーマカラーを決める

部屋に統一感を持たせる為に実践している事が、テーマカラーを決める事です。

色を3種類程に絞ることで、視界から入ってくる情報が抑えられ、簡単に統一感を出す事ができます。

我が家では、ベースはブラウン・ブラック・グレーと至ってシンプルですが、明るい色が欲しい時は絵や小物で取り入れるなど、色の取り入れ方を工夫しています。

ベースのテーマカラーは守りつつ、お花や小物で工夫すれば、「楽しさと統一感」の両立が叶います。

集中力が高まるホワイト、自然を感じられるブラウンなど、色が持つ特徴からテーマカラーを決めるのも1つ。

北欧・ヴィンテージなど自分が好きな空間を意識すると、好きな色も次第に決まってきます。

②出すモノとしまうモノを決める

「すぐモノが取れた方が便利」こういった理由からカウンター等に日常でよく使うモノを置く事も多いはず。

ですが、外に出ているモノが多いほど、統一感が出にくくなるのも事実。

出すモノはトレーやカゴにざっくりと収納したり、使用頻度の低いモノは仕舞うようにしたりするなど、出すモノとしまうモノにメリハリをつける事で部屋に統一感が生まれます。

一見、「しまう=面倒な行為」と思われがちですが、掃除の手間が省けたりスッキリした空間になったり実はいい事だらけ。

視覚から得られる情報を少なくする事で、気持ちも落ち着けることができます。

③収納ケースを統一する

収納ケースの選び方も、統一感のある空間作りには欠かせません。

例えば、収納ケースの材質・色・形・サイズ等を意識したことはありますか?

材質や色を統一する事で見た目がスッキリしますし、形やサイズを統一する事でモノの出し入れがしやすくなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ