無料の会員登録をすると
お気に入りができます

内祝いや接待手土産にも!<予算別>絶対に喜ばれる特別感のあるギフト

グルメ

縁起ものや季節のモチーフをかたどった色とりどりのお菓子が、缶の中にぎゅっと詰まった「銀座 菊廼舎(きくのや)」の冨貴寄(ふきよせ)。華やかで目に楽しく、おめでたい雰囲気のお菓子は、お祝いごとやお礼の品、大切な取引先へのお土産にもぴったり。今回は、予算別におすすめの冨貴寄をご紹介していきます。

変わらない理念とともに進化し続ける和菓子店

明治23年創業の「銀座 菊廼舎(きくのや/以下、菊廼舎)」は、銀座の地で四季折々の江戸菓子を100年以上手がけてきた和菓子店です。
「心やすらぐ おいしいものを」というモットーを守りながらも、伝統に甘んじることなく、時代に合わせ変化と進化を繰り返し、オリジナリティあふれる和菓子を作り続けてきました。

目でも舌でも楽しめる華やかな冨貴寄(ふきよせ)

菊廼舎を代表する商品とも言えるのが、「冨貴寄(ふきよせ)」。二代目が茶時の干菓子から着想を得て商品として売り出したのが始まりなのだそう。

「ふきよせ」とは、吹いて寄せ集める「吹き寄せ」からきており、一般的に様々な形の千菓子の詰め合わせのことを指します。

菊廼舎の冨貴寄は、豆菓子や金平糖、三盆糖を使った千菓子が缶にぎゅっと詰まっています。
特徴的なのは、季節のモチーフの他に、富士山や鯛・小槌といったおめでたいモチーフが多く採用されていること。冨貴寄という字のごとく、幸せがたくさん詰めこまれているよう。蓋を開けた瞬間、「ワッ!」と歓声が上がりそうな華やかさも魅力です。

縁起の良いお菓子は、お祝いのギフトや内祝いにはもちろん、接待手土産、季節の挨拶にも重宝しそうです。

予算別おすすめギフト3選

<〜2,999円>手土産やプチギフトには小ぶりの丸缶を

ちょっとしたお礼や手土産に選ぶなら、小ぶりサイズの丸缶「ことほぐ」はいかがでしょう。

「ことほぐ(寿ぐ)」には、お祝いをのべる、よろこびの言葉を言う、といった意味があるそう。白とゴールドの缶に、松竹梅と赤富士、跳ねた鯛が並んでいます。寒天菓子や金平糖もさりげなく彩りを添えていて、小さなお子様がいるご家庭にも喜ばれそうですね。

ことほぐ
2,484円(税込)

<3,000〜4,999円>目上の方には豪華で粋な大缶

目上の方やお世話になった方へのお礼、また季節のギフトにもおすすめなのは、上品さと高級感のある「特撰缶JAPAN大缶」。

しっかりと大きめサイズの四角い缶に、青い富士山と日本の四季を表した江戸菓子を詰め込んだ風流な逸品。三盆糖で打った宝づくしや季節の千菓子、金平糖、黒豆、結び寒天の色彩と、落ち着いた色合いの缶との組み合わせが魅力的です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ