無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ドンキの食品が安い!」と今大注目!安さの理由とは PB商品「情熱価格」売り上げトップ3も調査!

グルメ

日本全国に約470店舗を展開し、“驚安の殿堂”でおなじみの「ドン・キホーテ」。今、「食品が安い!」と注目されています。利用者からは「すごく品数がある」「厳選されていてお得、大容量」との声も。最強コスパで、物価高に挑戦するドン・キホーテの“安さの秘密”を徹底取材しました!

CBC動画一覧

オリジナルブランド「情熱価格」で売り上げ20%アップ!

CBCテレビ:画像 『チャント!』

水城あやのリポーターが、名古屋市港区の「MEGAドン・キホーテUNY東海通店」を訪れて調査!雑貨のイメージがあるドン・キホーテですが、「MEGA」が付く店は、生鮮食品も豊富に扱っています。

店内は、野菜やお肉などの生鮮食品がずらりと並び、まるでスーパーのよう。しかも衝撃のプライスです!この日は、税込みでキャベツは1玉106円、えのき茸は1パック74円、ニンジンは8本入って214円と、どれもお値打ち。

鮮魚コーナーは、名古屋市熱田区にある「名古屋市場」で直接買い付けした新鮮な魚を提供しています!

広報担当者によると、生鮮食品が安い理由は「東海通店は元々、総合スーパー『アピタ』だった店舗だから」とのこと。アピタ時代からある「品質のこだわり」と、ドン・キホーテだからできる「大量買い付け」の二刀流で、どこよりもお値打ちな価格を実現できています。

店内でひときわ目立つのが、「ド」とデカデカと書かれている商品。ドン・キホーテのオリジナルブランド「情熱価格」で、2021年にリニューアルされました。この商品はとにかく驚安!

みかんの缶詰は、通常より大きい850グラムも入ったサイズで214円!冷凍チキンナゲットは、1袋に23個入って322円!1個あたり、14円という衝撃のコスパです!

「ド」の文字は、食品だけでなく、衣料品や日用品にも!全体でその数、約4000種類。面白いのは長い商品名!商品の特徴やこだわりを、そのまま商品名にすることで、広告宣伝費をカットしているとのこと!このような企業努力の甲斐もあり、「情熱価格」の売り上げはリニューアル後の1年で約20%もアップしました!

「ダメ出し」募集で商品を改良!実際に売り上げもアップ!

CBCテレビ:画像 『チャント!』

さらに、利用者の支持を集めている理由は他にも!より多くの声を聞くために、2021年2月から、商品に対する批評や要望などを「お客様からのダメ出し」として募集。

「パッケージがダサい」「色がイマイチ!」「もっと安く!」など、これまで集まった「ダメ出し」の総数は、約2万8000件!その声をもとに、様々な商品が改良されてきました。

「ヤバ盛りパスタ」は「麺だけ多くても、ソースが少なくて物足りない!」というダメ出しをもとに増量したところ、売上が約30%もアップしたとのこと!

(ドン・キホーテ&ユニー広報・魚住千尋さん)
「ダメ出しは、商品への期待を頂いている証拠。全て真摯に受け止めて商品開発に生かしています」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ