無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「食べても太らないカラダ」を作る3つの方法とは?

美容

食べ物が美味しい季節ですが、体型を気にせずに食べたいものですよね!そこで今回は、食べても太らないカラダを作る方法を3つお伝えします。

「食べると太る」は間違い?

よく「食べると太る」と思われがちですが、実際には食べても太りません。「食べるから太る」のではなく、摂取エネルギー量が消費エネルギー量を上回るから太るのです。

摂取エネルギー量が消費エネルギー量を上回ってしまうと、エネルギーが使われずに余ってしまいます。余ってしまったエネルギーは、「中性脂肪」というかたちで脂肪細胞に貯蔵されてしまい、体脂肪が増えていくのです。

このようなことから、太る原因は摂取したエネルギーが消費エネルギーを上回ることであって、食べるから太るのではないと言えるのです。

bybirth.jp

消費エネルギー量を増やして「食べても太らないカラダ」を作る3つの方法

摂取エネルギー量が消費エネルギー量を上回ると太ってしまうので、太らないようにするには2つの方法が考えられます。摂取エネルギー量を抑えるか、消費エネルギー量を増やすかの2つの方法です。

でも、せっかくの楽しみの一つである食事を、摂取エネルギー(カロリー)を気にせずに楽しみたいですよね!そこでここでは、「消費エネルギー量を増やす方法」をお伝えしたいと思います。

その方法とは、

の3つです。

一つずつ解説していきましょう。

1. よく噛んで味わうようにして食べる

よく噛んで食べることで食べすぎを防ぐことができますが、消費エネルギー量を高める効果も期待できます。

消化活動が活発になり、「食事誘発性熱産生」と呼ばれる食べた物が消化・吸収される際に使われるエネルギーを高めることができるからです。

また、よく噛んで食べることにより血糖値の急上昇を抑えることができるので、脂肪の蓄積を防ぐこともできます。

bybirth.jp

具体的には、一口に30回を目安に噛むようにするとよいと言われています。時間にすると、個人差はありますが、20秒程度になります。

よく噛んで食べるようにするコツは、食物繊維を含む食品のような、噛み応えのあるものを選んで食べることです。また、一口ごとにお箸を置いて食べるようにしましょう。

よく噛むことで食べ物を味わうことができるので、食事を楽しむことができるようになります!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ