無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おいしいグルメの宝庫、岩手県の食イベント! サンマ、牡蠣、短角和牛など目白押し

グルメ

おいしいグルメの宝庫、岩手県!

首都圏で「いわて食でつながろうフェア2022」が開催

11月1日(火)~30日(水)の間、岩手県産の食材等を積極的に利用している「黄金の國、いわて。」応援店と連携して「いわて食でつながろうフェア2022」を開催。参加店舗では、岩手県産食材を使用した期間限定メニューを提供。参加店舗や提供メニューなどの情報は、特設ホームページやInstagramで発信されます。

岩手県には、三陸の魚介類や畜産物をはじめ、野菜、果物、米、乳製品など食材の宝庫で、岩手県の食材を使った多種多様なメニューがこの期間に展開されます。

1.“史上最高値”といわれるサンマを使った「サンマ餃子」

サンマの旨味とパクチーの風味が口いっぱいに広がる

年々小さくなるサンマは、価格も高くなり仕入れが難しい状況になっています。大きなサンマの価格は高騰し、今年はなんと最高値を記録。

小ぶりなサンマしか仕入れられない状況の中で生まれたのが、中国・青島の郷土料理「鰆(サワラ)餃子」を参考に作った「サンマ餃子」です。三軒茶屋のフレンチビストロ「RIZO」のシェフで、ANDONのメニューの共同開発者でもある盛田智宏さんがレシピを考案しました。

おむすび店「ANDON」日本橋店&下北沢店で食べられる

おむすび店「ANDON」は、日本橋店と下北沢店の2店舗で、岩手県産のサンマを使用した「大船渡の秋刀魚餃子定食」(税込1,210円)を提供。

餃子のタネには、サンマを挽いたものと大きめに手切りしたものの2種類を混ぜ込まれています。手切りが入ったことで、魚介の練り物感をなくし、サンマを濃厚に感じられ、餃子らしい食感が残るよう工夫。また、少量の豚肉を混ぜたことで、ジューシーな餃子らしさも感じます。

また、青魚と相性抜群のパクチーを入れ、青魚独特の臭みをなくし、サンマの風味を際立たせました。餃子をかんだ瞬間にサンマの旨味が口いっぱいに広がります。醤油やタレをつけなくても濃厚な旨味が感じられ、ごはんのお供にもお酒のつまみにもなる一品です。

2.サンマ、三年牡蠣、岩手県産短角和牛のミニバーガーセット

5年連続日本一の「三年牡蠣」

サンマに続いて名産と言えば三年牡蠣。岩手県の広田湾で3年もの間じっくりと育成された熟成牡蠣です。中身が15cm以上にもなりプックリとしたボリュームがあり、かめばかむほど甘味を感じられます。2018年から豊洲市場の初セリで日本一を獲得しており、今年も10月1日の初セリで日本一となりました。

記事に関するお問い合わせ