無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「賀正」「謹賀新年」の違いって?意外と知らない年賀状のマナー!近年増えている「年賀状じまい」の正しいマナーも『チャント!』

ライフスタイル

2023年用の年賀はがきが、11月1日に販売スタート。そろそろ準備しなくてはと、考えている人も多いかも。しかし、年賀状をどう書くか、結構悩みませんか?意外と知らない年賀状のマナー、また近年増えている「年賀状じまい」を調査しました。

最新の『チャント!くらしニュース』動画を見る

ポイントは賀詞、句読点、忌み言葉!

CBCテレビ:画像 『チャント!』

「目上の方に失礼な文になっていないか心配」「一言添える文を、どう書くか迷ってしまう」など、いざ書こうとすると悩んでしまう年賀状。そこで今回は「マナー美クス ドゥクレ」代表でマナー講師の佐藤由佳さんに、年賀状のマナーを教えてもらいました。

「賀正 明けましておめでとうございます。謹んで新春のお慶びを申し上げます。去年は、いろいろとお世話になりました。本年も、よろしくお願い申し上げます。 令和五年一月一日 元旦」

CBCテレビ:画像 『チャント!』

一見、丁寧に書かれた上司へ送る年賀状の例文です。佐藤先生によると、いくつか間違いあるとのこと。一つ目は「賀詞」。賀詞は、謹賀新年、賀正、迎春など、新年を祝う言葉。賀詞は文字数が多いほど、丁寧な表現となるため、上司などには4文字の賀詞を使うのがマナーとされています。賀正は、友達や気の知れた関係なら使ってもいいですが、上司や目上の方には、4文字の謹賀新年を使うのがオススメです。

実は「明けましておめでとうございます」「謹んで新春のお慶びを申し上げます」も賀詞なので、意味が重複しています。謹賀新年と入れたら、同じ意味の文は必要ないそうです。イラスト化した賀詞をスタンプのようにたくさん飾るのも、よくないとのこと。重なる表現では「一月一日 元旦」も間違い。元旦は、一月一日の午前中という意味があり、重複しています。「令和五年 元旦」「元日」などと書くのが正解です。

CBCテレビ:画像 『チャント!』

二つ目は「句読点、忌み言葉」。句読点は人間関係の「区切り」や「終わり」を連想させてしまうため、どんな関係でも年賀状では使わないのがマナーです。忌み言葉は、文字から不吉な事を連想させてしまう言葉。例文だと、去年の「去」。「去る」を連想させるので、「昨年」や「旧年」と書くのがよいとのこと。他に「離れる」「切る」なども忌み言葉なので、言い換えるのがおススメです。

はがきの余白を埋める際は、1年頑張るという意気込みを見せられるメッセージがおススメとのこと。例えば、上司に送るなら「今年も活躍できるよう、精進してまいります」など。ポジティブな一言を送ってください。

年賀状じまいのマナーは3つ!

CBCテレビ:画像 『チャント!』

年賀状自体を送らなくなったという人も増えています。「直近3年以内に年賀状を出したことがあるか?」という2021年の調査では、3分の1にあたる34%の人が「出していない」と回答。年齢別では、年賀状を出している人の78.8%が40代以上という結果が出ました。年賀はがきの発行枚数は、2003年の44億5936万枚をピークに、年々減っていて、2022年は16億4000万枚です。近年は、年賀状の送付を終了することを伝える「年賀状じまい」が話題となっています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ