無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この1回で1年頑張れる。アラサー女子が体験した「ご褒美ひとり旅」が贅の極みすぎた

旅行・おでかけ

かわいいデザインの「お湯印帳」

4、鍋奉行もうれしい。ひとり鍋会席が楽しめる

ひとりでも人目を気にせず楽しめる半個室

温泉に浸かり、アクティビティに参加したら、すっかり夜になっていました。筆者が、ひとり旅で唯一寂しい……と思ってしまうのが、夕食の時間。特にバイキングだった日には、人目を気にしてあまり堪能できない、なんてことも。しかし、「界 仙石原」では、ひとりでも半個室でお食事を楽しめるので、いつものような寂しい気持ちはなし! 自分のペースでお料理を楽しむことができました。

箱根や仙石原を表現した「宝楽盛り」

大涌谷の噴煙をイメージした芸術的な料理が運ばれてくるたびに、「すてき……」と言葉が漏れてしまうほど。特に感動したのが、夕食のメインである「雲丹と牛のすき鍋」。旅館のひとり鍋は、最初から具材が盛りつけてあり、火が通ったら食べる、というものが多いですが、このひとり鍋は心置きなく堪能できるよう、自分で具材を投入して楽しむスタイルだったのです!

お肉にウニをのせ、包んで食べる贅沢なお鍋。箱根の海の物と山の物を楽しめる

自分のペースで野菜やお肉を投入できるので、焦ることなくおいしい状態で食べることができました。これはひとりで来ている人にはうれしすぎるサービスではないでしょうか? もし自分で作るのが不安という方は、スタッフの方に作ってもらうこともできるので、お好みで楽しめます!

盛りつけだけでなくお皿も上品なものばかりで、目でも楽しめる料理。最高だったポイント4つ目でした。

5、女性にうれしい! 湯上りの肌を良質アメニティで整えられる

最後に選んだのは、アメニティの充実さです。客室や大浴場には、和漢由来のスキンケアアメニティが設置されており、クレンジング、化粧水、乳液のみならず、ボディローションまで並んでいるのだから、これはうれしい!

界のモイスチャーマスク

さらに、「界のご褒美ひとり旅プラン」を予約すると、「界のモイスチャーマスク」がついてくるのですが、このマスク、顔だけでなく首まで覆える贅沢なつくりになっていたのです……。シートマスクは友達や恋人との旅行だと少し恥ずかしい、なんていうシャイな人も、ひとり旅なら思う存分使うことができますよね。湯上りにしっかりケアして、美肌効果を後押ししてくれる「最高」の1枚でした。

モチベーションを上げる「ご褒美ひとり旅」

筆者史上最高のひとり旅となった今回のご褒美旅。かなり贅沢な経験だったため、頻繁にできるものではないですが、1年に一度、頑張っている自分へのご褒美に続けたいと思えるほど、満足のいく旅でした。

今回は、「今年1年の疲れを癒やす」ことを目的にした旅でしたが、自分へのご褒美はいつあげてもいいもの。ご褒美があることで、仕事のモチベーションが上がる、なんて人もいますよね。ぜひみなさんも日頃頑張る自分への「最高のご褒美ひとり旅」を計画してみてはいかがでしょうか?

施設概要

界 仙石原
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817−359

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ