無料の会員登録をすると
お気に入りができます

こんな使い方もあるんです♡収納上手さんに学ぶ「デッドスペース」活用術

インテリア

見落としがちな「扉の内側」活用術

アクセサリーや文具の収納に

意外と見落とされがちなデッドスペース「扉の内側」を上手く活用しましょう。透明のフックを貼り付けて、調理グッズを収納しています。調理グッズは定位置を決めることで、使いやすく、散らかりにくくなりますよ。

鍵の管理収納に便利

下駄箱扉の内側は、ゴチャつきがちな「キー収納」の場として活躍してくれます。100均のフックやタグでモノトーンに統一すれば、見た目もスッキリ片付きますよ。

やっぱり優秀!「突っ張り棒」

隙間に突っ張って収納力を底上げ

お家のあらゆるデッドスペースに突っ張れて、収納力を底上げしてくれる突っ張り棒。奥行きや空間が余っていたら、突っ張り棒を設置して家具の隙間をフル活用しましょう。

クローゼットやパントリー内の隙間に

クローゼットの壁面やパントリー内の僅かな隙間に設置すると、エプロンやカバンを吊るすのにぴったりのスペースに。僅かなスペースも上手く活用することで、収納上手さんに近付けますよ。

小窓も収納スペースとして有効活用

小さな窓枠にも突っ張り棒を一本設置すれば、帽子や小物がぶら下げられるようになります。突っ張り棒と S字フックの組み合わせは、様々な場所に活躍しそうです。

収納スペースを倍に!

ランドリールームの小窓に突っ張り棒を取り付ければ、スプレーボトルが引っ掛けられます。お部屋に潜そむデッドスペースが、立派な収納場所に早変わり!

使いづらいを解決!シンク下収納

記事に関するお問い合わせ